フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「万博鉄道まつり2017」訪問の巻 | トップページ | 「マインクリエイターズフリーマーケット」の「やくならマグカップも」ブースを訪問しました »

2017年3月26日 (日)

「市バスに乗って東山を巡るっ」キャンペーンで太秦麗姉さんのクリアファイルゲットの巻

 3/25(土)京都へ出かけてきました。3/14から開始されている「市バスに乗って東山を巡るっ」キャンペーンに参加するためですhttp://www.city.kyoto.lg.jp/kotsu/page/0000215976.html )。京都の東山にある智積院・泉涌寺・東福寺で開催中の「京都春の東山三ヶ寺巡り」期間中に御朱印帳を購入すると、太秦麗姉さんイラストのクリアファイルがもらえるとあっては見逃せません。

20170326

 引き続き開催中の京阪電車と「響け!ユーフォニアム2」コラボイベントの参加記念クリアファイルが加藤葉月ちゃんに変更されたタイミングと重なったので、こちらの入手も兼ねての出撃です。このイベントで利用した「宇治・伏見1dayチケット」の有効区間一番端っこの伏見稲荷駅まで京阪電車に乗り、ここから歩いて行ってみました。距離は3km弱ありますが、最近の筆者は一日中立ちっ放しの新しい職場で足腰が以前よりきわめて頑健になったので、少し歩いた程度では全く疲れることがなくなって全然平気です。

 

 今回のお寺さん3か所とも訪問したのは初めてのことですが、どれも寺域が半端ではなく大きなところが印象的でした。その広さ故か、寺の敷地内にも車が出入りしているのには違和感を感じます。「塔頭」といういわゆる取り巻きのお寺さんも多数で、これらもついでに訪問していると結局は一日がかりです。地形も起伏が激しく、鉄道も近くなく、あまりに広域すぎて参拝には疲れます。おまけにどういうわけか近隣にはお土産屋さんや食べ物屋さんもほとんどありません。由緒正しいわりには京都の寺社としては「人気が薄い」ほうではないかと思いました。率直に言って筆者もあまり楽しいとは感じませんでした。だからこそのテコ入れイベントなのかとも思います。

 

 今回の特製御朱印帳は、白紙ではなく既に文字が印刷されています。記帳所へ出すと印だけ押してもらえます。通常の朱印とは違い料金はかかりません。また価格1200円は拝観料も含まれており、この3寺を普通に拝観するより少し安いです。お得であることは間違いありません。筆者は「スタンプラリーが目的になってしまうことを戒める」ために寺社の朱印集めをあえて行っていないのですが、今回はいい記念になりました。でもやっぱり今後も控えようと思います。「神仏への参詣こそ寺社巡りの本来の目的」であることを再認識です。

 

 そういえば東福寺から泉涌寺へ向かう道すがら、人間国宝の陶芸家の作品が置いてあるという場所があったので少し立ち寄ってみました。そこの管理人のような人とお話しましたが、岐阜から来たと言うと「岐阜には鎌倉時代の建物なんかないだろう」などと上から目線で話をされました。陶芸家で初めて人間国宝に認定された富本憲吉という人から公認された写しの焼き物を販売しているとのことでしたが、多治見で何気なく見かける美濃焼のほうがケタ違いに素晴らしく、それに写しではない本物を販売している場所もあります。岐阜県民をあなどられては不愉快だし、この程度でいばられても全然説得力がありません。

 

 さて今回は少しいいことがありました。最大の目的であった太秦麗姉さんのクリアファイル、1つではなく2つ欲しかったので御朱印帳を2冊目購入しようとしたところ「そういうことなら」と、クリアファイルだけもう一つ頂くことができました。これこそ神仏のご加護と言えるでしょう。その後のお賽銭を奮発したのは言うまでもありません。

« 「万博鉄道まつり2017」訪問の巻 | トップページ | 「マインクリエイターズフリーマーケット」の「やくならマグカップも」ブースを訪問しました »

地下鉄に乗るっ」カテゴリの記事

寺社巡り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「万博鉄道まつり2017」訪問の巻 | トップページ | 「マインクリエイターズフリーマーケット」の「やくならマグカップも」ブースを訪問しました »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31