フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 「母親をメシ呼ばわり」の話題に関して思うこと | トップページ | 「やくならマグカップも5周年展」初日会場訪問の巻 »

2017年10月18日 (水)

平成29年8月の萌え萌え活動記録②第1回全国エンタメまつり(ぜんため)

 8/5(土)と8/6(日)は、岐阜市内で「全国エンタメまつり(ぜんため)」というイベントが開催されていました。今回が初開催となるこのイベント、ゲーム会社がいくつか集まって何やら催すという内容のようです。筆者はここ数年家庭用ゲームとはすっかりご無沙汰で、それほど興味深い内容ではありませんでしたが、岐阜市でこういう系のイベントが開催されること自体がきわめて珍しいことなので、とりあえず見学してきました。東京から帰ってきた後の8/6(日)のことです。

201710181

 聖地巡礼支援アプリ「舞台めぐり」もコラボして、岐阜市街のあらゆるところにチェックインやらQRコードが設けられていましたが、やる気をなくすくらい数が多すぎです。柳ケ瀬商店街にゲームメーカーの出展ブースが点在していて、ゲームの試遊やグッズ物販、痛車の展示などがありましたが、やはり筆者の守備範囲ではなく興味をそそられなかったので、多少パンフを回収した程度で退散しました。客足としては見る限り女性の姿がまずまず見られました。「うたプリ」の催しが目当てだったようですが興味がないのでよく分かりません。

201710182

 帰ろうと思って歩いていると、会場から少し離れた金公園でも何かイベントが開催されていました。食べ物の屋台がたくさん出ているところに萌えキャラ発見です。岐阜の白川茶をアピールするために生まれた萌えキャラのようで、お茶の精霊という設定らしいです。お店の人は結構思い入れがあるみたいでなかなか熱く語って下さいましたので、その想いに応えようと少し買い物して帰りました。萌えキャラとしてはかなりベタな感じではありますが、そこが逆に素朴で嫌味を感じません。しかしこちらのイベントは「ぜんため」と全く連動しておらず、お互いが「向こうの方で何かやっている」程度の認識しかしていませんでした。もっと上手に運営すればいいのに…何かとてももったいない感じです。

201710183

 このイベントを後援していた十六銀行は、今年から突然アニメのCMを放映しはじめました。しかし萌えキャラというわけではなく、男性新入社員の「鵜飼匠」と女性上司の「伊藤鮎美」というとても真面目な設定です。今回のイベントでもこいつらが登場していましたが、今の所魅かれる部分が何もないんですよね。ライバル大垣共立銀行の自由奔放さと比べて、十六銀行は何をやってもお堅いというイメージがあるんですが、こういう面においてもその癖は抜けないようです。

201710184

 そんなわけで元々大した期待はしていませんでしたが、予測通りの何とも締まらない内容だと感じました。ほうぼうに立っている運営ボランティアらしき若者たちも動きが緩慢です。まあ初回ですからこんなものかもしれませんが、来年以降も続けて開催するつもりなら、いろんな場面においてもっと気合いを見せなければ成功はおぼつかないでしょう。次回に期待です。

« 「母親をメシ呼ばわり」の話題に関して思うこと | トップページ | 「やくならマグカップも5周年展」初日会場訪問の巻 »

いろんな萌えキャラの話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/591466/65931590

この記事へのトラックバック一覧です: 平成29年8月の萌え萌え活動記録②第1回全国エンタメまつり(ぜんため):

« 「母親をメシ呼ばわり」の話題に関して思うこと | トップページ | 「やくならマグカップも5周年展」初日会場訪問の巻 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30