フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 岐阜県博物館の特別展「光秀が駆けぬけた戦国の岐阜」観覧の巻 | トップページ | 「駅ナカで会いましょう。」と嵯峨ほづきさんのコラボイベントへお出かけの巻 »

2020年12月 8日 (火)

NHK大河ドラマ特別展「麒麟がくる」(岐阜市歴史博物館)観覧の巻

 去る9/18~11/3にかけて岐阜市歴史博物館で開催されていた、NHK大河ドラマ特別展「麒麟がくる」に出かけてきました。この展覧会は大阪でも開催予定だったのが、コロナ禍のせいか中止になったらしくてこの岐阜開催分が全国唯一のものとなったようです。優越感を感じますね。
2020120801
 展示物は質量ともに大変優れていて、逆に印象に残りにくいほどでした。故に感想も書き残しにくい部分がありますが、そんな中でも強く印象に残ったのが「明智光秀覚条々」。本能寺の変後に同心を期待していた細川家に宛てて明智光秀が送ったという「今回はおたくの息子を取り立てようと思って起こしたことなんで…」などといった内容である、天正10年6月9日付の文書です。頼みにしていた細川家が味方に付いてくれず気落ちした光秀の様子が伝わってくる、もの悲しさを感じさせる一筆の現物を見られたのは価値の高いことでした。

 岐阜市歴史博物館では同時に「麒麟がくる 岐阜大河ドラマ館」という展示も開催されています。大河ドラマのメイキングシーンとか、演者の衣装や小道具などを展示して大河ドラマの世界も堪能するという趣向のものです。ついでに観覧してきましたが、ドラマを途中までしか観ておらず放置している筆者でも充分楽しめるものでした。斎藤道三の娘にして織田信長正室となる帰蝶が着ていた、蝶の模様があしらわれた着物が展示されていましたが、筆者は演者の川口春奈さんがとても美しいと思うので、着物を見ているだけで気持ちがぽーっとなってしまいます。デザイン的にも大変優れていると思うこの絵柄を使った商品があればぜひ購入したかったのですが、残念ながらそういうものはないようでした。
20201208022020120804
 会場では明智光秀ゆかりの地の観光案内とかパンフレットの類がたくさん配布されていました。2,500円だったか、結構お高いものの非常に分厚くて読み応えのありそうな図録や、細川家に伝来した文書や美術品を管理しているらしい「永青文庫」の季刊誌も購入し、併せて大量に持ち帰ってきました。今後ゆっくり読み返して復習したいと思います。
2020120803

« 岐阜県博物館の特別展「光秀が駆けぬけた戦国の岐阜」観覧の巻 | トップページ | 「駅ナカで会いましょう。」と嵯峨ほづきさんのコラボイベントへお出かけの巻 »

日本史」カテゴリの記事

明智光秀(麒麟がくる)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 岐阜県博物館の特別展「光秀が駆けぬけた戦国の岐阜」観覧の巻 | トップページ | 「駅ナカで会いましょう。」と嵯峨ほづきさんのコラボイベントへお出かけの巻 »

2021年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28