フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

カテゴリー「魔法少女まどか☆マギカ」の39件の記事

2021年1月 3日 (日)

令和3年の謹賀新年と「マギアレコード」仕様の2020年クリスマスケーキ紹介

 令和3年の新年おめでとうございます。例年通り雑な挨拶ですが、旧年中はお世話になりました。本年もぜひよろしくお願い申し上げます。まあいろいろ極まってくるとこういうシンプルな表現に収束してくるということでお許し下さい。
20210103
 改めて言及するまでもないことですが、新型コロナ感染症のおかげで昨年(令和2年/2020年)は世界的にみて非常に大変な年でした。2度の世界大戦に匹敵するような「世界のあり方を変えた」ような出来事として歴史に残る年かもしれません。だらだら暮らしてきた筆者もその影響を受けまして、うまく職にありつくこともできず半年ほど遊び暮らしていましたが、一応10月ごろに新たな働き口が見つかり現在は糊口をしのぐことができております。業務の内容は筆者にとってかなり苦手な分野であり、正直な所あまり居心地もよくなくて、果たしてどうしたものかと結構悩んでいるところなのですが、身の振り方をどうするのかがまず今年最初になすべきことだと考えています。

 今年最大のイベントと言えば、筆者いちおしの「やくならマグカップも」アニメ化が真っ先に挙げられます。実地イベントもいくつか開催されるでしょうし、関連グッズもたくさん発売や配布があるでしょうから、取りこぼしのないよう全力で追いかけていく所存です。お財布が心配ですが借りられるところは確保済みです。

 さて今回画像で紹介しているのは、昨年末のクリスマス用として「あにしゅが」さんから発売された「マギアレコード」仕様のケーキです。正月休み中に解凍して食べるという、以前数年実施していた習慣を久々に今年復活できました。自分の子供同様に思っているこういうコンテンツたちを、また今年も引き続き大切にしていきたいし、そういうことが自然にできる穏やかな環境が、世間一般にも自分自身にも戻ってくるといいなあと思っています。

2020年9月18日 (金)

「マギアレコード@ダッシュストア」と大阪へお出かけの話題

 アニメイト大阪日本橋店(と東京の池袋)で8/29~9/17にかけて開催の「マギアレコード」と「ダッシュストア」なる企業とのコラボショップに、初日の8/29(土)出かけてきました。アニメイトの関連会社みたいですからグッズの多くは後日全国アニメイトで販売されるのでしょうが、会場限定で特製ブロマイドの配布だとか、ポスタープレゼントへの応募ができるというのはなかなか魅力的でした。たまには大阪で掘り出し物探しなどもしてみたくてわざわざ出撃です。車で京都まで乗り込んだ後、「京阪・Osaka Metro1日フリーチケット」(1,600円)を使って京阪電車での大阪行きです。京阪電車と大阪の地下鉄が1日乗り放題というこのチケットは使いやすくて結構気に入っています。

 まずは梅田方面へ足を延ばして「まんだらけ」にも立ち寄ってきました。中古CDを数枚購入した程度でしたが、名古屋店をはるかに上回る豊富な在庫は見ているだけでも楽しいものでした。その後おめあてのダッシュストアでお買い物ですが、撮影可能なスタンドポップの他にはグッズが陳列されている程度で、とりたてて派手でもなく混雑も見られないおとなしい会場でした。ランダム配布だったブロマイドがいろはちゃんでなかったのは残念でしたが仕方ありません。クリアファイルセットといろはちゃんのタペストリー・アクリルスタンドを購入して撤退です。
202009181202009182
 アニメイトでは少し気になる催しがありました。来年(2021年)冬アニメ化予定という「IDOLY PRIDE(アイドリープライド)」というコンテンツの紹介と、グッズの先行発売が行われています。「アイドルを目指す娘さんたちの集団」があまり好きではない筆者ですが、こちらは見た目はかなりかわいいし「担当声優が妙にマギレコっぽい」ところが心惹かれます。一つぐらいは「こういう系」のコンテンツに深入りするのも悪くないのかなあと思ったりするのですが、「原案のひとりが花田十輝」というのがどうしても引っかかります。展開状況を随時確認しつつ様子見のつもりです。各キャラのポストカードが無料配布されていたので一応押さえておきました。
202009183202009184
 さて大阪市内はどこも混雑していましたが、マスク非着用の人はほとんどいません。新型コロナ患者数が連日それなりに発生している大阪府ですが、こんなに人がいるのに1日数十人程度で済んでいるのなら、出歩く際のマスクと3密回避、手洗い励行という対策はかなり有効なのではないかと個人的には感じました。筆者は予防接種や手洗いうがいを全く実施しなくても、社会人になってからはインフルエンザにもかかったことがないくらいなので、そんな筆者が毎日対策しているのだから多分大丈夫だろうと思えてきました。もちろん油断は禁物だし根拠もないのですが、これだけ対策してもかかってしまったら仕方がないくらいに開き直って、ある程度の配慮はしつつも活動していこうと考えています。

<おまけ>
「だしの自動販売機」というのを以前ネットニュースで見かけたことがあり、その現物を大阪で発見したので興味本位でお土産として購入してみました。500mlペットボトルで700円です。とびうおが一匹丸ごと入っている「焼きあごだし」を買い、家でうどんのつゆに使って食べてみましたが、個人的にはお魚の香りが強すぎるのと塩分が多くてちょっと苦手な感じです。もう1種類の「宗田節」のほうも後日購入してみるつもりです。
202009185

2020年7月28日 (火)

スイーツパラダイスと「マギアレコード」名古屋のコラボカフェへ行ってきました

 スイーツ食べ放題!という「スイーツパラダイス」というお店と「マギアレコード」とコラボしたカフェが、この7/6~7/31の間に名古屋でも開催です。コラボカフェは残念ながらスイーツ食べ放題ではないようですが、メインイラストのいろはちゃんがかわいすぎるのと、このイラストを使用した各種限定グッズも発売されるということで、4回ほど出かけてきました。
2020072801
 地下鉄栄駅の8番出口から直接行くことのできるビル「サンシャインサカエ」の5階にある「CoLaBoNo」という店舗が会場です。筆者は名古屋というと大須か名古屋駅西口が行動範囲で、栄にはほとんど出かけないため、観覧車のあるビルがここだということは今回初めて知りました。地下鉄なら雨でも濡れずに行けるのは便利です。この「CoLaBoNo」はコラボ企画がない時は閉まっているまさにコラボ専用の場所みたいですが、コラボはしょっちゅう展開しているようですから常時確保していても問題はないのでしょう。

 失業中で時間もあるので平日午後2時や3時頃を狙って出かけましたが、その都度先客があったものの特に混雑はありませんでした。入店時には検温器による体温確認とアルコールでの手指消毒が行われ、メニューとオーダー票を事前に渡された上での注文で料金は前払いという方式でした。グッズ類は入口付近に並べられていて会計は食事分と別でもよく(一緒でもよい)、入店者特典としてのランチョンマット(A4判ヨコ)やランダム配布のコースター(メニュー1品につき1枚)は事前会計の際に手渡しされました。
2020072806
 店内はTVアニメ版各話の場面が少しずつ展示されていたり、第2期アニメの予告動画が放映されていたり、メインイラストの3人が等身大スタンドとなって置かれていたり、アニメ主題歌が流れていたりという具合で、凝った作りではないものの雰囲気は充分感じることができます。筆者としてはこれぐらいのほうがかえって落ち着きます。なお店外にはメインイラストをあしらった看板とアニメ円盤のプロモ画像が流されていました。
2020072802
 メインの食べ物は「いろは特製和風ハンバーグプレート(1,320円)」「やちよのクールなチョコミントパフェ(1,100円)」「絶交階段のウワサカレー(1,320円)」を食べてみましたが、まあこんなものだろうという感想です。カレーは真っ黒でやたら胡椒が多くて辛いというのが困りましたが、こういう場所で味を期待すること自体が間違いだということくらいは理解しているつもりです。
202007280320200728042020072805
 ドリンクもいくつか飲みましたが、食べ物同様に各キャラのイラストがストローに付いて出てきて面白かったです。ただ「やちよのブルーハーブティー」が口に合わなかったですねー。線香というか入浴剤というか、香りとして嗅ぐだけならよい香りなんだけど、飲むとなるとちょっと抵抗があるという感じでした。ラテアート付きのココアやカフェオレも飲みましたが、カップには特製のカバーが付けられておりこちらも記念品として持ち帰りました。
2020072807
 気になる物販品は、メインイラストを使用したB2サイズのタペストリー(3,300円)マグカップ(1,650円)かわいすぎるいろはちゃんのTシャツ(3,850円)とってもいい出来のアクリルスタンド3人(各1,320円)を購入です。ブラインド仕様となっているカンバッジ(400円)アクリルチャーム(660円)アクリルマスコット(770円)も来場の都度1個ずつ購入していたのですが、いろはちゃんが出なかったのは残念でした。アクリルマスコットだけ店頭に出されておらず、口頭で申し出て購入する形式なのはなぜなのか疑問でしたが、複数並べてみて分かりました。形状が異なるためサーチが極めて簡単なのです。そうさせないよう簡単に対策するあたり、かなり場数を踏んでいるのだなあと感心しています。
20200728092020072808
 そういえばメインイラストの3人はチェック柄のシャツとこげ茶の前掛け姿で、名札まで付けているのだからこれが制服かと思いきや、店員さんたちは物販されていたキャラTシャツを着用していました。そのお姿も素敵なものでしたが、イラストと同じ姿も見てみたかったような気もしています。もちろんそんなことはささいなことであり、好きなコンテンツを名古屋という比較的近場で楽しめたというのはいい心地でした。本命の「スイーツ食べ放題」の店舗も名古屋にあるようなので、一度経験してみようと思っています。

2020年6月21日 (日)

「マギアレコード」「まどか☆マギカ」関連グッズいろいろ購入の記録

 依然として無業者の分際で、「マギアレコード」や「まどか☆マギカ」関連グッズをいろいろと購入してしまっている筆者です。「お札に羽が生えて飛んでいく」というのは正にこういうことなのだと思います。せっかくですから己のあほあほぶりをしっかり記録として刻み込んでおきます。

<アニプレックス限定販売:マギレコ仕様のソニー製ヘッドホン>
 アニプレックスから発売されてきた「まどか☆マギカ」「マギレコ」関連グッズはこれまでもいくつか購入してきました。筆者は既にお得意様と思われているらしく、限定販売商品の予約開始お知らせや締切間際のお誘いメールがガンガン届きます。今回はその謀略にまんまとしてやられてしまいました。特典のB3サイズタペストリーがかわいすぎて、超高額(26,180円)なヘッドホン(歩きながら音楽を聴く習慣は持っていない/より高額なのでウォークマンは却下)を我慢できず購入です。
2020062101
 いろはちゃんはもちろんですが、まどかちゃんのポーズが何ともかわいらしい!お財布にはつらいですけど、このタペストリーが手元に来てくれただけで買った価値はありました。毎日眺めてうっとりしています。なおヘッドホンは現在使用中のものが故障したら使うつもりです。

<rockin’star×まどか☆マギカコラボ>
 今年(令和2年/2020年)2月頃に実施されていた「rockin’star」なるブランドと「まどか☆マギカ」のコラボレーション。この商品もアニプレックスで予約してあったのですが、ほとんど忘れていた6/19(金)にいきなり届きました。アイテムはかなりたくさんありましたが、収集しているクリアファイル全員分と好きなマミさんのアクリルスタンドのみ押さえておきました。最近は予約期間が過ぎたら購入不能となる売り方が結構多いので油断なりません。
2020062102
<マギアレコード×GraffArt Shop>
 マギレコと「グラフアート(GraffArt)」という会社のコラボレーション。この会社、名古屋に実店舗があって店頭購入特典としてポストカードが配布されるとのことです。発売初日の6/19(金)に早速名古屋のお店まで出かけてきました。調べるまで知りませんでしたが、名古屋駅の西側とらのあなの隣にあるK-BOOKSが1・2階に入っているビルの5階です。

 雨降りの平日昼過ぎという時間帯もあってか、お客さんは誰もいません。予習によると乙女系コンテンツに関連した商品が多かったため、おっさん的には入りづらい店だと認識していたので少し助かりました。実際店頭の商品を眺めると、確かに乙女系が多かったもののそうでもないコンテンツ(「ゆゆゆ」「SAO」「俺ガイル」等)もいくつかあります。「ポップンミュージック」もある!しかもかわいいし!両手に商品を抱えながら夢中で売り場をぐるぐる見回していると、見かねたのか店員さんが「よかったらこちらに入れて下さい…」とカゴを持ってきて下さいました。
2020062104
 購入特典のポストカード(全2種)は1会計2,200円ごとに1枚進呈とのルールですが、2枚2種を渡せるようにわざわざ会計を二つに割って頂けました。重ね重ねのご親切ありがたい限りです。商品そのものもかわいらしくて満足しています。これまで全くのノーマークだったこの「グラフアート」さん、落書きタッチで描くというのがコンセプトみたいですが、こういうほんわかタッチもなかなかいい感じです。今後も時々チェックしておこうと思っています。2020062103

2020年5月17日 (日)

叡山電車とのコラボやアニメ第1期など「マギアレコード」の話題

 現在新型コロナウイルス対策として、仕事もせずStay Homeを1か月半も継続している筆者です。そんな中これも少し前の話題となりますが、「艦これ」とともに現在筆者が日課として毎日プレイしている「マギアレコード」のアニメが本年(令和2年/2020年)1月から3月にかけて放映されたのに合わせて、いろんなコラボ企画が実施されていたので、乗っかって活動した分について備忘のため記録しておきます。

<叡山電車(京都)とのコラボ>
 「列車にヘッドマークを掲出する」「駅にポスターやスタンドパネルを設置する」ほか、「一日乗車券に限定カンバッジを付けて販売する」という企画が開催されると聞きました。カンバッジのかわいさに心揺さぶられ、必ず入手したくて2/29(土)の発売会へ出かけてきました。

 「叡電ファン」「鉄道ファン」「芳文社ファン」「まどマギファン」というファン層の動きがまるで読めないので、「迷った時は夜討ち朝駆け」の鉄則通り、会場の出町柳駅に近い場所にある予約制駐車場を確保しておいて、当日深夜に岐阜を出発し早朝5時半ごろ到着しました。が、行列どころか待機者など誰一人いません。6時半、7時と立ち寄ってみても同様の状況です。人出を見込んで用意されたと思しき看板が物悲しさを誘います。
202005171
 東方向にある京都大学近くの牛丼店でご飯を食べたり、早朝で静かな下鴨神社を参拝したりしてかなり時間をつぶしつつ、8時過ぎに戻ってみるとようやくわずかな列が形成されており、並んで待機しました。その後も特段の混乱が生じることもなく、乗車券の購入はスムーズに終了です。乗車券そのものが特別仕様ではなかったこととか、コロナの影響で外出を控えた人が多かったとか、理由はいろいろあるのでしょうが、何だか思い切り拍子抜けしてしまいました。
202005172
 この後当日限り有効の一日乗車券を使い、行ったことのない鞍馬寺へ参拝してきましたが、非常に疲れていた上に雨が降ってきて寒いし、険しい山道と恐ろしく広い寺域はとても踏破しきれず、中途で帰ってきました。後日改めて出かけるつもりです。いろはちゃん(出町柳駅)とやちよさん(鞍馬駅)のスタンドポップを記念撮影して帰還です。
2020051721
<イオンとグリコ・キリンとのコラボ企画>
 「グリコのお菓子3個で景品1個(ステッカー・小下敷き)」というのが2回、「キリンのペットボトル飲料4本で景品1個(ちりめん風呂敷・クリアファイル・トートバッグ)」というのが4回ありました。グリコのほうはいくつか品切れで入手し損なったものもありますが、キリンのほうはいろはちゃんのイラストがかわいすぎるのと、クリアファイルを取りこぼすわけにはいかないのでどうにか頑張りました。面倒なので4回とも24本入りの1ケースを購入し、その都度3種類あった景品を2周ずつゲットです。品物には満足していますが、一時に集中するのはやめてほしいと思いました。
202005173
<アニメ第1期>
 岐阜では地上波での放映がなかったので「AbemaTV」での配信で観ていた「マギアレコード」のアニメ版。つまらなかったわけではないんだけれども、期待していたよりは面白くなかったというのが率直な感想です。ゲームのほうで粗筋を知っている者からすると、それをどうやって新たに解釈し表現するのかがアニメの見どころだったりしたのですが、特別おおっと感じるような場面もなかったし、やちよさんの心象風景にもっと切り込むとか、やりようはあったのではないかと思いました。それに「いろはちゃんが弱い」。当鎮守府のいろはちゃんは精神強化も含めて限度最大までレベルアップが済んでおりかなり強いので、アニメ版のか弱さは終始不満でした。とりあえず次のシリーズに期待です。「AbemaTV」で直前に配信していた「魔法科高校の劣等生」と直後に配信していた「まどか☆マギカ」のほうが正直面白かった。

<買い物とキャンペーン>
 「CD購入特典のポスターやクリアファイル」「関連商品購入特典のカード類(アニメイト・シャフトテン)」「書籍購入特典のクリアファイル(メロンブックス)」など結構いくつかあり、労力は必要でしたがどうにか確保できました。シャフトテンの通販でもらえるカードのイラストはランダムとのことでしたが、うちに届いたのは欲しかったいろはちゃんでした。天佑神助だと思います。
202005176
<ゲーム本編について>
 相変わらず何かしらのイベントが常時開催されているゲーム本編ですが、アニメから新規参入してきたユーザー向けなのか、旧イベントの復刻が続いています。元々よくできた内容が多いし時々シナリオが追加されていることもあるので、再度挑戦しても充分に楽しめています。イベントで回収できるアイテム類も「限定メモリア→ガチャチケット→レインボーオーブ→素材→欠片」という優先回収順位が定まってきました。新しい魔法少女は特に増えていないものの、来る3周年の節目で予想される大盤振る舞いに備えて、ガチャチケットやガチャ原資のマギアストーンをひたすら貯め込んでいるところです。

2019年10月 2日 (水)

「京まふ2019」と「マギアレコード」グッズ入手等の記録

 今年(令和元年)の「京まふ2019」で「地下鉄に乗るっ」以外にも楽しみにしていたのが「シャフト」ブースでの「マギアレコード」グッズでした。昨年同様「3,000円以上の購入で進呈されるクリアファイル」をゲットすべく、初日の優先入場後に京都市交通局をさしおいて直行です。描き下ろし先行販売の「いろはちゃんとやちよさんのB2判和服タペストリー(3,000円)」を購入し、無事入手に成功しました。特典クリアファイルは結局翌日午後まで残っていたようなので、来年以降も実施されるならあまり慌てる必要はないかもしれません。
201910022201910021
 「アニプレックス」のブースでもクリアファイル等のマギレコグッズが発売されていました。物販待機列の長さは相変わらずです。この列に並ぶ勇気や余裕はなく、解消されてから購入すればいいかと思っている間に、狙っていたクリアファイルは売り切れていました。二日目は購入列に並ぼうかと思い立ちましたが、11時頃に「13時から整列開始の整理券」を渡され、それまで待たなければならないようです。アニプレックスは事後通販があるので、送料や消費税は余分になるけれどもこちらで買えばいいやと思い、面倒になってやめました。

 配布物等も基本的に邪魔なのでほとんどもらいませんでしたが、埼玉県のあにたま紹介ブースでもらった「埼玉うどん」のクリアファイル、関東風のうどんの味付けはさほど好きではない筆者も多少気になります。一度賞味してみたいものです。しかし『日本一の「うどん県」を目指す」なんて分不相応じゃないかと岐阜県民的には思います。

 他のブースも一通り巡ってみましたが、今回はこれといって興味をそそられるものはありませんでした。昨年「ゆゆゆ」のグッズセットやタペストリーを購入したブースでは、引き続き「ゆゆゆ」の新作グッズを販売していましたが、出せば売れることを学習したのかかなり大量の品揃えです。そこまではついていけません。「地下鉄に乗るっ」グッズだけで今年は予想以上に出費したため、それ以外の出費が抑えられたのはいい方向でした。早くも来年度が待ち遠しい筆者です。

2019年9月16日 (月)

サービス開始2周年「マギアレコード」と企業コラボなどの話題

 先月8月でサービス開始から2周年を迎えたスマホゲーム「マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝」。筆者は開始直後ではなく少し後の12/18に遊び始めましたが、「メインストーリー第1部完結」とされた最新話までクリアできており、悪くないペースで追いかけられてきたかなあと勝手に思っています。2周年を記念したログインサービスとか無料10連レアガチャとか、課金もしていないのにこんなに優遇してもらっていいのだろうかと戸惑うくらいです。

 さて先日7月下旬から8月末まで、このマギレコとカレーハウスCOCO壱番屋とのコラボ企画が実施されていました。800円以上の会計1回につき特製アクリルスタンド1個がプレゼントされるというものです。おいしくて好きなんだけれども結構高額でなかなか行きづらいココイチですので、800円縛りのおかげで普段注文しないメニューをいくつも試すことができ、そういう面からもよい企画でした。ゲーム上もコラボ記念でログインサービスが実施され、ココイチ店頭を模した背景を手に入れられたので気に入って使用しています。
201909161
 アクリルスタンドは「いろは・やちよ・まどか・ほむら・アリナ」の5名でした。筆者が個人的に苦手なアリナが選ばれているのは少々意外に思いましたが、やはり担当声優さんのおかげで人気が高いのかもしれません。結局同じ店舗に7回通った結果、大切ないろはちゃんがどうにか1個確保できたのでよしとしますが、あとはまどかちゃんが3個にアリナが3個というきわめて偏った結果となりました。残りのやちよさんとほむらちゃんは古物店で安く購入し、いちおうフルコンプ達成です。
201909162
 特においしかったのが、まどかちゃんお勧めの「エビカツ」。トッピングの中でも高い部類(432円)ですが、ぷりぷりの海老がいっぱい詰まっていて食べ応えがあります。カツカレーのカツはカットされて出てくるのに、エビカツはカットされずに出てくるのはなぜなのか疑問でしたが、同じことを考える人は結構多いみたいで、公式サイトの「よくある質問」に回答が記載されています( https://www.ichibanya.co.jp/qa/ )。なるほどですね。

 あまり見かけないコンビニ「デイリーヤマザキ」系列でも、配信2周年キャンペーンが8月に実施されていました。ローソンやイオンでもよくある「対象商品3個購入でオリジナルグッズ1個プレゼント」という体ですが、ここではメーカーや商品(ロッテや明治や森永のお菓子など)を限定せず、いろんなメーカーのいろんな商品が対象になっているのがありがたいです。8/15まではうちわ3種、8/16以降はモバイルクリーナー3種というちょっとしたものでしたし、大手とは言い難いコンビニチェーンでの実施というのも微妙な話ではありますが、こういう企画は尊いもので、ゲームに課金していない分こういう方面で課金して応援できれば満足です。
201909163
 そういえば以前にマギレコ仕様のTカードが有料で発行されていて、約1年間限定で限定グッズの販売やメルマガ配信という会員限定のサービスが行われていましたが、こちらも7/31に終了となりました。「Tファン」という名称で、いろんなコンテンツとのコラボTカードを発行し、同じようなサービスを展開していますが、マギレコに関してはメルマガが1年間に4通(ほとんどが物販の案内)と、あとは会員限定グッズのセットがいくつか発売された程度でした。中途半端すぎて残念だし、他のコンテンツでもこんな風に小銭を稼いでいるなら、何かファンをバカにした商売だなあと感じました。
201909164
 今後はアニメ化が控えていますが、来年(令和2年/2020年)1月スタートと発表されたと聞きました。ブルーレイをどこで購入しようか既に悩んでいる筆者です。

2019年3月11日 (月)

ローソンやイオンでのバレンタインと「艦これ」「まどか☆マギカ」コラボ企画のてん末

 先月2月14日のバレンタインデーにあわせて、筆者を狙い撃ちしたかの如くローソンで「艦これバレンタイン作戦二〇一九」イオンで「魔法少女まどか☆マギカ×森永製菓」キャンペーンというのが展開されていました。どちらも非常にいい感じのクリアファイルがプレゼント景品として用意されています。当然見逃すわけにはいかず、大量のお菓子類とあわせてゲットしてきました。感想などを記録しておきます。

20190311vt00

<「艦これ」ローソン鎮守府 発令!バレンタイン作戦二〇一九>

 今回は筆者の好きな「由良改二」をはじめとした改二改装後の軽巡3名と、人外1匹がクリアファイルとなっていました。あちこちのローソンで買い回って由良のものは複数入手しています。対象はロッテのお菓子でしたが、トッポやチョコパイなど筆者の好きなものが多くて何ら問題はありません。

20190311vt01

 限定商品のほうにも由良のステンレスマグカップがあり、今回はぜひ入手したいと思って事前に「派遣勤務先から最も近くにある取扱店」を調査しておいて、展開初日の仕事帰りの朝に立ち寄り無事購入に成功しました。翌日には他の限定商品もあわせて全滅していたので、いい動きができたと思います。

 

 その他「瑞穂のだし浸みる海鮮炊き込みご飯(おにぎり)」や「間宮のふわふわあんみつ風オムレット」「四航戦とカタパルトと瑞雲なみかんゼリー」といった食物もひととおり押さえてあります。おにぎりはそこまでおいしいとは思わなかったものの、オムレットはなかなかでした。もう少し安ければもっとたくさん食べられたと思います。ゼリーに付属の妖精さんイラスト付きコップも、安定のかわいらしさで今回もお気に入りです。

20190311vt02

 筆者宅から最も近くにあるローソンは、結局最終日までクリアファイルが全員残っていました。どん兵衛2個と引き換えになるピンバッジもかなり長く残っており、よく見るとかわいい「岸波」を1個だけ入手しておきました。繁盛しているようにも見えるいい立地の店舗だと思うのですが、不思議なこともあるものです。ただそのおかげか、他店ではまるで見かけなかった「艦これ」仕様のカントリーマアムを3箱購入できてよかったです。

 

<イオン「魔法少女まどか☆マギカ×森永製菓」キャンペーン>

 2/5からの第1弾(クリアファイルその12/13からの第2弾(クリアファイルその22/19からの第3弾(A5ノート)という、なかなか手の込んだキャンペーンでした。森永の商品が対象ということで、そういう目でお菓子を眺めていると、自分は思っているほど森永のお菓子は食べていないということに気づきます。アイスクリームなら食べていますが、今回は対象外だったのが残念でした。

20190311vt03

 第2弾のクリアファイルは、イオン各務原店でゲットしようと買い物に出向いたものの、全く残っておらず非常に焦りました。イオン関店へ廻ってみたらまだ残っており無事入手しましたが、この関店は第3弾の時期になっても第2弾のクリアファイルがまだ残っており、並行して景品展開されていました。これも店によって人気の濃淡があるようです。

 

<感想>

 ローソンと「けいおん!」が実施したのがすさまじい大成功を収めたおかげで、広く世に広まったという認識のこの手のコラボ企画ですが、一度成功してしまうと他社も追従せざるを得ないし、もう今更止められないというのも、なかなか世知辛いものです。ローソンでは「艦これ」の後、追い立てられるように「SAO」コラボが始まっているのが印象的でした。「浅田志乃」さんのクリアファイルだけ何となく入手してしまったのは内緒です。こうして入手した大量のお菓子があれば10年は戦えそうですが、甘いものばかりではさすがに飽きるのでポテトなどの塩っぽいものも混ぜてほしいところです。

2019年1月 2日 (水)

平成31年の謹賀新年と「まどか☆マギカ」仕様のクリスマスケーキ(2013年復刻版)を披露です

 平成31年を新たに迎えられたことに感謝するとともに、昨年お世話になった方々へ感謝の気持ちを表すことで、簡単ながら新年の挨拶としたいと思います。

20180102_2

 昨年(平成30年)の筆者は結構適当に過ごしていましたが、だいたい現状維持で推移した感じでした。派遣先の職場を変更したというのが一番大きな出来事でしたが、仕事はそんなにうまく行ってはいないものの平穏に勤めています。毎日サービス残業3時間と時々勝手に休日出勤しても全然仕事が片付かず、大変苦労していた前職と、現在の勤務による給料がほとんど変わらないなんて信じられません。いつまで続くか分かりませんが、続けられるだけ続けてちょっとは貯金したいところです。

 

 さて今年の正月も、例年の如く「あにしゅが」さんのクリスマスケーキとともに迎えられました。「魔法少女まどか☆マギカ」とのコラボケーキが昨年はすべての年度分が復刻されており(新作はなし)、唯一入手できていなかった一番最初の2013年版を注文させて頂きました。お皿ではなくカンバッジが特典でしたが、入手できてうれしく思います。この調子で今年も好きなコンテンツを追いかけられれば幸せです。

 

 思うに筆者の人生など、言ってみれば既に余生みたいなものですが、それ故に今の平穏な生活がそのまま「現状維持」で推移してくれることが今年の一番の目標です。そこにさらに付け加えるとしたら、心がけたいのが「整理整頓」。手間暇かけて集めた萌えキャラグッズがどんどん積み重ねられていき、足の踏み場もない状況なので、入手の都度しっかりコレクションとして整理していきたいと思っています。今年も夜討ち朝駆けや徹夜もいとわずがんばろう。

2018年9月24日 (月)

「京まふ2018」と「マギアレコード」の買い物等の記録

 今年(平成30年)の「京まふ2018」は「地下鉄に乗るっ」関連以外にも「マギアレコード」のグッズをいくつか入手したいと思っていました。それなりの努力は必要だったものの、狙っていたものは概ね当初の希望通り入手に成功しました。実にいい気分です。以下はその記録です。

 

<シャフトのブースにて>

 3,000円以上のグッズ購入により進呈される非売品の特製クリアファイルが、今回の「京まふ」の中では一番入手が難しいかもしれないと思ってかなり意気込んでいました。初日に「地下鉄に乗るっ」ブースのポスター3点セットを確保してからすぐ飛んでいきましたが、15分程度で購入に至ったので思ったよりスムーズでした。クリアファイルも無事入手成功です。何を購入するか迷いましたが、「いろはちゃん(とやちよさん)の水着タペストリー(6,000円)」を選択です。もう少しラインナップが豊富だったらなおよかったと思います。

2018092401

2018092402

<アニプレックスのブースにて>

 アニプレックスのグッズ販売には毎年尋常ではない行列ができますが、今年はよりひどい状況でした。通路確保のためか途中で何箇所か列を切り、「ここは最後尾ではありません」というプラカードがいくつも立っています。公式ツイートが「レジまで23時間待ち」と告知するくらいです。1日目の9/15(土)15時すぎに待機列が大幅に縮小したところを見計らい、ようやく購入に至りました。売り切れの品物は多数ありましたが、筆者が狙っていたマギアレコードの「クリアファイル」「八ツ橋」「いろはちゃんのアクリルキーホルダー」は売り切れることなく残っており、無事購入成功です。

2018092403

 最近コラボ等もよく見かける「Fate」というもののグッズが大人気だったようです。筆者はこれには全く知識がないのですが、CMなどを見る限り「魔界転生(山田風太郎著)の世界偉人版」という内容なのかと想像しました。まあ今後も別に知りたいとも思いませんが、分からないが故にイラつくことはあります。

 

 事前から欲しいと思っていたグッズ類は初日にすべて確保できたので、2日目はゆっくり各ブースを見て回ることができました。「アニメを観る→ファンになる→関連グッズを買う」という流れだけではなく、「かわいいグッズを見て興味が湧く→アニメを観る→ファンになる(→グッズを買う)」という流れも決して少なくないかもしれない、と思わされるほど、かわいいキャラグッズが多かったです。どこかのブースで「委託販売」という形で、神田明神で販売されているらしい「アルティメットまどか」仕様の御朱印帳というものの扱いがあったようですが、両日とも売り切れだったのが唯一残念でした。

 

 そんな中で思わず購入してしまったのが「結城友奈は勇者である―鷲尾須美の章―」のグッズセットなるもの(4,000円)。「ゆゆゆ」第2期はまだ観ていないものの(1期は観た)気になるアニメなので、まずまずお手頃な価格でクリアファイルも入っている詰め合わせも悪くないと思っての購入です。

2018092404

 さらにその「ゆゆゆ」の結城友奈ちゃんの結構大きなタペストリー(5,000円)も、ひと目見てかなり気に入ってしまい、悩んだものの思い切って購入してしまいました。ブースの人が「今日は友奈ファンが増えている」とつぶやいていたので、普段は他キャラのほうがよく売れているみたいです。

2018092405

 あとは「はるかなレシーブ」のクリアファイル2種。ビーチバレーを題材にしているこのアニメ、放映しているテレビ愛知が急に録画不能になったせいで、初回と最終話を観ただけであとは観られていないのですが、女の子がかわいくて水着姿なのがたまらなくて、原作マンガからすごく気になる作品です。とりあえずグッズは押さえておきたいと思いました。

2018092406

 そういえばアニプレックスのブースでは「はたらく細胞」のグッズも取り扱っており、アニメ内であまりにかわいすぎる「血小板ちゃん」のちょっとしたグッズがあったので、ついでに購入してしまいました。これもテレビ愛知の録画不能により初回と2話しか観られていません。テレビ東京の「あにてれ」もブースを出しており、加入を少々検討したくなりました。

2018092407

 「地下鉄に乗るっ」のグッズもあわせて、今回の京まふではかなりの出費となりました。今年の9月は17日の月曜日と24日の月曜日が祝日で世間は三連休ですが、筆者の派遣先はそれぞれ出勤です。お財布の事情を考えると働かせてもらうほうがありがたいです。

より以前の記事一覧

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31