フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

カテゴリー「ときめきメモリアル収蔵品:下敷き」の1件の記事

2014年4月 5日 (土)

ときめきメモリアル収蔵品20:CP318下敷き「伝説の樹の下で」

 ずい分前ですが、当ブログに「ときめきメモリアル 下敷き」という検索結果からのアクセスがありました。おそらくお役に立てなかったと思われますが、思い返してみるとグッズの中には下敷きだけでも結構な種類が存在しており、一カテゴリを設けて記録したいと考えていました。さぼりがちな記録ですが安直にとりかかれる品物でしたので、今回はまず特に気に入っているものから取り上げてみることにしました。

 本件は平成9年(1997年)12月18日に発売された「ときめき下敷き『伝説の樹の下で』」(CP318・定価300円)です。筆者が実用に供している、数少ないときめきメモリアルグッズのひとつです。全員が伝説の樹の下に集合して見上げているこのイラストは、数ある中で最も気に入っている絵柄だったので、当初からコレクション用と実用分に複数購入し、ごく普通のB5サイズの下敷きとして現在でも会社と家で使用しています。

20140404cm318

 イラストのタッチが小倉雅史さんのものとは異なるようですが、なんとなくほんわかしたタッチが温かさを感じさせます。筆者は現在巴マミさんとかあずにゃんとか、ちょっと遅れ気味ではあるものの最近めのキャラクターに凝っていますが、そんな中でもこの下敷きを見ると、気持ちが高揚するのではなくてむしろ落ち着くというか、ほっとするというか、これはある種の懐かしさに近いのか、とにかく言葉にするのは難しいのですが何かそういう感じがします。いつまでも大切にしたい感覚です。

 そういえば昔はアニメグッズで「下敷き」は定番でしたが。最近はあまり見なくなったような気がします。代わりに現在はクリアファイルが定番化しているように思えます。ときめきメモリアルグッズにもクリアファイルはたくさんありますから、ちょうど切り替わりの過渡期にあったとも考えられます。この品物がもたらす不思議な感覚は、「下敷き」という品物そのものが持つちょっとした古さからも来ているのかもしれません。

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31