フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

カテゴリー「ときめきメモリアル収蔵品:クリアファイル」の3件の記事

2019年10月25日 (金)

ときめきメモリアル収蔵品33:「INDOR×ときめきメモリアルLimited Shop in アニメイト」での購入グッズ記録

 筆者が「こういう道」に足を踏み込むきっかけとなった「ときめきメモリアル(初代)」。ゲーム本編は長く遊んでいないし、収集を志している各種グッズ類も最近はほとんど補完の機会はありませんが、その思いは決して失っていないつもりです。今後どれくらい生きられるのか分かりませんが、一生をかけてロングレンジで集めていきます。今回久しぶりに「ときめきメモリアル」の新作グッズがまとまって発売されたので、こちらも久しぶりに「収蔵品」というカテゴリで記事を作りました。

 東京秋葉原で展開しているらしい「株式会社インドア」という会社が、本年(令和元年/2019年)7月に「ときめきメモリアル」のグッズを販売していましたが、大阪日本橋のアニメイトでもこの物販を展開すると聞きました。秋葉原での展開時には、師匠にお願いして最低限のクリアファイルと藤崎詩織テレカを押さえて頂いてあり、その他の品物や追加発売された品物は、通販があれば買うつもりでいましたが、東京ではなく大阪なら何とか抵抗なく出かけられる場所です。直接確認して判断できるよい機会と考え、10/13(日)に行ってきました。
2019102501
今回購入したのは
・「虹野沙希 虹色の青春セット」(5,000円)
トートバッグ・クッション(両面印刷)・テレホンカード・タオルの4点セット
2019102503
・「詩織の塩」(900円)
しっかりしたガラス瓶に入っています。小型アクリルスタンドはキャップに両面テープで接着されているだけで簡単に外せます。ラベルはシールで、はがすのは難しくありませんでした。一般的な塩より塩味が強いような気がします。

・「パブミラーマグネット」(600円)
全12種ですがブラインド仕様でバラ売りのみです。1個だけ購入したら鏡さんでした

・「ゆらゆらロゴ アクリルキーホルダー」(1,000円)
2019102502
・「ウォールポケット」(3,500円)
2019102504
の5点です。すべてアニメイトポイントの対象となってお得でした。アクリルスタンド(1,200円)が初代と「2」のキャラ全員分、その他タペストリーやTシャツもありましたが、使い廻しのイラストで高額なこともあり、そこまではついていけませんでした。昔の筆者なら気にせずすべて購入していたのでしょうが、今は資源を注ぎ込みたい対象が他にあるので、これは仕方のないことです。

 この「インドア」という会社の活動内容を少し調べてみましたが、アニメ・ゲーム系のコラボ商品を企画販売しているものの、昔はやったコンテンツを使って小ヒットを重ねる方針がメインみたいです。「新しい商品が発売されることだけで喜ぶ」というファンを狙う戦略は、とりあえず巧妙ではあります。ただし「ときめきメモリアル」に関しては、全盛期からずい分年月を経て、他のコンテンツでも揉まれてきた眼の肥えたファンも多いわけで、満足とは言い難い部分が多いというのが率直な感想です。また10/26(土)から名古屋のアニメイトでもこの物販を展開するそうですが、直前の10/24(木)に発表するという「気の利かなさ」といい、まあその程度の会社なのかと理解できました。

 さて今回は京阪電車の中書島駅近くで料金の安い駐車場を探しておき、ここまで車で到達してから「京都・OsakaMetro1日フリーチケット(1,600円)」を利用しての大阪行きです。京阪電車ほぼ全線と大阪の地下鉄全線が一日乗り放題という、なかなか使い勝手のよい切符でした。神戸まで行きたいなら阪急の1Dayパス、大阪を念入りに廻りたいなら京阪と今後使い分けて、大阪にも時々出かけようと思いました。片道4時間くらいかけて京都まで車で行くことに抵抗がなくなっていることが怖い。

2014年5月18日 (日)

ときめきメモリアル収蔵品22:藤崎詩織1stアルバム発売記念非売品クリアファイル

 平成9年(1997年)2月14日に発売された藤崎詩織の1stアルバム「My Sweet Valentine」の販促用に作成されたと思しき、非売品のクリアファイルです。筆者はこの品物も雑誌の懸賞に当選して入手しました。改めて調べてみると、現在は既に廃刊となっているゲーム月刊誌の「○○○○○○○○○」1997年7月号で、総数30名にプレゼントされていたものです。品物の到着日は記録に残っていませんが、当選者氏名を確認したのが9月14日と記録されているので、多分9月か10月のうちに届いたのだと思われます。

201405181st

 この品物は当時かなりいろんな雑誌でプレゼントされていたことをよく覚えています。同じイラストが非売品テレホンカードにも使用されており、セットでプレゼントというケースが多かったです。筆者もかなり応募しましたが、結局当選には至らずテレカは後日オークションで入手することとなりました。こちらもまたいずれ記録対象とします。当選品はまだいくつかあるので、忘れないうちに早く記録していかないとですです!

2014年5月 5日 (月)

ときめきメモリアル収蔵品21:藤崎詩織歌手デビュー記念非売品クリアファイル

 前回収蔵品20において、アニメ系グッズとしての下敷きがクリアファイルに変わってきたのではないかという考察をしました。そんなわけで本日はクリアファイルを記録対象とし、多数所有しているものの中でも筆者が最も初めに入手したものを取り上げることにしました。

20140504

 本件は藤崎詩織が歌手デビューした際のCDジャケットイラストを使用した、非売品のクリアファイルです。筆者はこの品物を、平成8年(1996年)12月に発売されたある雑誌の懸賞に当選して入手しました。記録によると平成9年(1997年)1月25日に送付されてきています。おそらくときめき系の品物をプレゼント当選によって入手したのは、これが2回目か3回目くらいだったはずです。ときめきグッズ収集歴の中でもかなり初期に入手したものですから、そういう意味でも思い出深い品物です。

 その雑誌は既に廃刊となっており、現物も手元にないでのはっきりしませんが、確か当選総数は3名か5名程度だったと思います。筆者の本名が当選者として掲載されているので明かすことはできませんが、少し毛色の変わった雑誌でしたから競争率が低かったのかもしれません。しかし当時の状況を考えるとやはり幸運であったことに間違いはなさそうです。

 藤崎が歌手デビューしたのは平成8年(1996年)12月5日のことでしたから、その販促用として作成されたものなら配布の時期もその近辺と推定されます。どのように配布されたのかは不明ですが、コレクターとしてはそれなりに限定された局面で流通したものと考えたいところです。デザインはシンプルですが、それだけに美しさを感じさせるお気に入りの品物のひとつです。

 ところでこういう形状の品物、正式名称は何と言うのでしょうか?「クリアファイル」「クリアフォルダー」「クリアホルダー」といろんな呼び方があります。ある文具メーカーのサイトによると同じ品物は英語で「Clear folder」と呼ばれているそうですから、最も正しい表記は「クリアフォルダー」なのでしょうが、コナミから正式に発売されたグッズ(少なくとも16種)はすべて「クリアファイル」と表記されているので、本項でもこの形状の品物は今後「クリアファイル」と呼称を統一することにします。うーんいい勉強になりました。

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31