フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

カテゴリー「ときめきメモリアル収蔵品:何かいろいろ」の3件の記事

2019年10月25日 (金)

ときめきメモリアル収蔵品33:「INDOR×ときめきメモリアルLimited Shop in アニメイト」での購入グッズ記録

 筆者が「こういう道」に足を踏み込むきっかけとなった「ときめきメモリアル(初代)」。ゲーム本編は長く遊んでいないし、収集を志している各種グッズ類も最近はほとんど補完の機会はありませんが、その思いは決して失っていないつもりです。今後どれくらい生きられるのか分かりませんが、一生をかけてロングレンジで集めていきます。今回久しぶりに「ときめきメモリアル」の新作グッズがまとまって発売されたので、こちらも久しぶりに「収蔵品」というカテゴリで記事を作りました。

 東京秋葉原で展開しているらしい「株式会社インドア」という会社が、本年(令和元年/2019年)7月に「ときめきメモリアル」のグッズを販売していましたが、大阪日本橋のアニメイトでもこの物販を展開すると聞きました。秋葉原での展開時には、師匠にお願いして最低限のクリアファイルと藤崎詩織テレカを押さえて頂いてあり、その他の品物や追加発売された品物は、通販があれば買うつもりでいましたが、東京ではなく大阪なら何とか抵抗なく出かけられる場所です。直接確認して判断できるよい機会と考え、10/13(日)に行ってきました。
2019102501
今回購入したのは
・「虹野沙希 虹色の青春セット」(5,000円)
トートバッグ・クッション(両面印刷)・テレホンカード・タオルの4点セット
2019102503
・「詩織の塩」(900円)
しっかりしたガラス瓶に入っています。小型アクリルスタンドはキャップに両面テープで接着されているだけで簡単に外せます。ラベルはシールで、はがすのは難しくありませんでした。一般的な塩より塩味が強いような気がします。

・「パブミラーマグネット」(600円)
全12種ですがブラインド仕様でバラ売りのみです。1個だけ購入したら鏡さんでした

・「ゆらゆらロゴ アクリルキーホルダー」(1,000円)
2019102502
・「ウォールポケット」(3,500円)
2019102504
の5点です。すべてアニメイトポイントの対象となってお得でした。アクリルスタンド(1,200円)が初代と「2」のキャラ全員分、その他タペストリーやTシャツもありましたが、使い廻しのイラストで高額なこともあり、そこまではついていけませんでした。昔の筆者なら気にせずすべて購入していたのでしょうが、今は資源を注ぎ込みたい対象が他にあるので、これは仕方のないことです。

 この「インドア」という会社の活動内容を少し調べてみましたが、アニメ・ゲーム系のコラボ商品を企画販売しているものの、昔はやったコンテンツを使って小ヒットを重ねる方針がメインみたいです。「新しい商品が発売されることだけで喜ぶ」というファンを狙う戦略は、とりあえず巧妙ではあります。ただし「ときめきメモリアル」に関しては、全盛期からずい分年月を経て、他のコンテンツでも揉まれてきた眼の肥えたファンも多いわけで、満足とは言い難い部分が多いというのが率直な感想です。また10/26(土)から名古屋のアニメイトでもこの物販を展開するそうですが、直前の10/24(木)に発表するという「気の利かなさ」といい、まあその程度の会社なのかと理解できました。

 さて今回は京阪電車の中書島駅近くで料金の安い駐車場を探しておき、ここまで車で到達してから「京都・OsakaMetro1日フリーチケット(1,600円)」を利用しての大阪行きです。京阪電車ほぼ全線と大阪の地下鉄全線が一日乗り放題という、なかなか使い勝手のよい切符でした。神戸まで行きたいなら阪急の1Dayパス、大阪を念入りに廻りたいなら京阪と今後使い分けて、大阪にも時々出かけようと思いました。片道4時間くらいかけて京都まで車で行くことに抵抗がなくなっていることが怖い。

2015年7月26日 (日)

ときめきメモリアル収蔵品番外編:(CM676~679)ペーパームーン岐阜店こなみるくOPEN記念テレカ4種

筆者が収集しているときめきメモリアルのグッズは基本的に「初代」のみですが、ポストカードや一部のポスター等「2」のものも少しですが所有しています。今回は番外編と称してその中の一部を記録対象としてみました。

 

20150726本件はかつて岐阜市内に存在していた「こなみるくペーパームーン岐阜店」の開店を記念し限定発売された「2」のテレカです。全4種が平成13年(2001年)519日に発売されたもので、どれも定価は1,500円でした。実写の画像にイラストを重ねているというデザインは他の地方こなみるく限定テレカでもよく用いられた方式です。「2」のゲームそのものには全然思い入れがなかったものの、地元岐阜が素材に用いられているものなら話は別で、当時のこなみるくポイントを貯蓄する目的もあり何度か購入しました。

 

その「ペーパームーン」、岐阜市に本店があるという非常に珍しいアニメショップの老舗で、以前は名古屋市天白区にも支店とこなみるくコーナーがあり、ときめきグッズ全盛期には週一ペースで通ったものです。テレカの素材となった店がずい分前に移転してからはすっかりご無沙汰でしたが、先日岐阜市内に用事があったついでで久々に店頭をのぞいてみたところ、何と破産宣告の紙が貼ってありました。岐阜駅前にアニメイトができたり、そもそもJRで30分弱で名古屋へ行けてしまう立地条件の中で苦労されているだろうとは思っていましたが、筆者にとって一時代のシンボルが消えてしまった感があります。そんな深い感慨にとらわれたので、今回は番外編としてあえて取り上げてみた次第です。

 

20150726_2そういえば、本テレカ発売前にはお店のほうから告知のパンフレットが郵送されてきました。これは店頭などでは見られず、ネット等で公開されていたわけでもなさそうなので、そこそこ珍しいものだと思います。筆者はいいお得意さんだと思われていたみたいです。正式決定前のフライング気味な告知なので本来はあまり公表しないほうがいいものかもしれませんが、発売店もこなみるくもなくなってしまったし、まあいいですよね。

2015年6月28日 (日)

ときめきメモリアル収蔵品29:パチスロときめきメモリアルの販促資料一式

 前回収蔵品「28」にて紹介した「パチスロときめきメモリアル」の、パチンコ屋向け販促資料のようです。プレイ映像が収められたDVDと、パワーポイントで作成したかのような商品紹介資料です。印刷物のほうはカラーレーザープリンターで印刷したような簡便な資料となっています。DVD・印刷資料ともに、紹介されている内容は同じようなものです。筆者はパチスロやパチンコは一切やらないため、この世界独特の用語や言い回しがよく分からないので、何を言っているのかあまり理解できません。

20150628

 

この品物は平成21年(2009年)9月ごろにオークションで入手しました。確かセットで5,000円くらいだったと思います。安い買い物ではなかったのですが、実機での遊戯につぎ込むよりはよほど安いだろうと割り切っての入札です。DVDでの映像紹介では、キャラは限定されているものの初代ときめきメモリアルの女の子たちがスムーズにアニメーションしているのを見られるのはまずまず価値があると思います。

 

 「ときめきメモリアルがパチスロになった!一丁遊んでみるか」という人の皮算用をそれなりに見込んだからこその企画だったのでしょうが、筆者としては思い入れの深いものをギャンブルの素材に使われたのが不満かつ不快でした。きっといろんな人々の思惑を粉砕する結果になったと思われますが、そんなものには何の興味もないし、正直この話題はあまり膨らませたくないと思っています。ただし従前のイベント類も新たなアニメーションに描き起こしているみたいですから、例えばスマホアプリで発売して、プレイごとにアルバムが埋まっていくような仕様だったら筆者なら購入したいです。プロデューサーをタコ部屋に軟禁するよりは販促活動でもさせれば多少の利益にはつながるんではないでしょうかね?

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31