フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

カテゴリー「いろんな萌えキャラの話題」の19件の記事

2020年12月20日 (日)

「駅ナカで会いましょう。」と嵯峨ほづきさんのコラボイベントへお出かけの巻

 賀茂川先生つながりで応援している「駅ナカで会いましょう。」プロジェクトと、嵯峨野トロッコ列車の「鉄道むすめ」嵯峨ほづきさんのコラボ企画に伴う記念イベントが12/19(土)に開催されるとのことで、「地下鉄に乗るっ」クリスマスイベントのついでに出かけてきました(https://ekinaka.net/201211/

 会場のトロッコ嵯峨駅には13時少し過ぎに到着です。コラボイベントを記念した当日限定のくじ引き(1回500円)というものが開催されており、せっかくなので2回引いてみたら何と1等と2等が当選しました。くじ運がきわめて悪い方の筆者にしては非常に珍しい事態です。「完売済みのほづきさんグッズセット」と「B2判告知ポスター+声優さん直筆年賀状」の2種が告知されていた1等景品はその場で選択可能となっており、ほづきさんには申し訳ないのですが断然ポスターのほうを選択しました。住所氏名を記載して申告したので、来年正月には年賀状も頂けることになりそうです。ちなみに2等は新商品をひとつ選択して入手できることとなっており、「駅ナカで会いましょう。」新作のタペストリーを頂いておきました。
202012201
 担当声優さんのサイン会には、正直あまり興味がなかったのですが、くじで幸運に恵まれたこともあり記念にサインを頂いておくことにしました。わりかし余裕があったため、明るいテンションの狐崎あやめさん、「やくならマグカップも」声優オーディションご参加中の豊ゆうみさんご両名とも少しお話することもできました。きっと声優さんも果たして人が来てくれるのかご不安もあったでしょうから、筆者のような者でも少しは足しになって頂けたなら幸いです。
202012202
 主たる目的であったグッズ類の購入ですが、お財布の事情で全部購入とはいかずまずコラボ商品を優先しての入手となりました。そんな中でまさか非売品告知ポスターを手元に迎えられるとは思いもよらないことです。おそらく今年(令和2年/2020年)最後のお出かけの機会だと思われますが、最後の最後でこのような幸運に恵まれて本当にうれしく思っています。
202012203

2020年9月23日 (水)

「福王子ひかる&八瀬かえでオリジナル新グッズ特別販売会」参加の巻

 「京まふ2020」開催日の9/19(土)は京都でもう一つ面白いイベントが重なっていました。熱心とは言えないもののマイペースでこっそり応援している、嵐電の「イメージキャラ」福王子ひかるさんの新しいグッズ発売会( https://www.keifuku.co.jp/upImage/newsRelease/1599787483_095414400.pdf )というものです。開催数日前に偶然知りました。どうしたものか迷いましたが、京まふのほうは時間も資金もゆとりがありそうな見込みだったし、会場限定の購入特典としてクリアファイルが配布されるところが魅力的だったため、まず行くだけ行ってみようと軽い気持ちで足を延ばしてみました。

 会場は叡山ケーブルのケーブル八瀬駅だそうです。行ったことのない駅ですが、調べてみると叡山電車本線の終点である八瀬比叡山口駅から歩いて5分とのことでした。京まふ会場で最低限の買い物等を済ませてから、地下鉄東山駅→三条京阪駅→京阪電車の三条駅→出町柳駅→叡山電車の出町柳駅→八瀬比叡山口駅→徒歩という経路で会場に到達です。叡山電車の乗車には以前ゲットした「マギアレコード」コラボカンバッジがもう一つ欲しかったため1,200円の一日乗車券「ええきっぷ」を利用しました。実にいいお客さんです。
202009238
 連休初日で気候のよい午前中だからか、えいでんの往路車内はスケッチブックを持ったご年配の方々や親子連れなどでかなり混んでいました。八瀬比叡山口駅到着は11:21です。嵐電のショッパーを持った人が満足そうな表情でこちらに歩いていらっしゃったので、向かうべき道はすぐ分かりました。一緒に降車したはずのたくさんいた人々はどこかへ行ってしまい、グッズ販売会場に立ち寄ったのは筆者だけでした。202009237
 「会場」といっても、駅前で長机にグッズを並べているだけの簡単な設営でした。売り子の職員さんが明るくお話して下さる大変気さくな方で、いろいろ熱心なお勧めもあるし、こんな機会もめったになさそうですから、当初予定のクリアファイルの他にアクリルスタンドや抱き枕カバーなども思い切って購入です。特に「クリアファイルホルダー」はこれまで収集したひかるさんのクリアファイルが収納できる非常にお役立ちなグッズだと思います。購入特典のクリアファイルも無事入手でき、11:44発のえいでん復路で撤収しました。ケーブルカーはまたの機会に乗車するつもりです。202009231202009232202009233
 帰宅後品物を改めましたが、何といってもひかるさん抱き枕カバーのかわいさは絶大でした。購入時には見られなかったウラ面は職員さんから「ぜひ楽しみにしていて下さい!」と予告されていましたが、期待に違わぬ美しい晴れ着姿はまぶしすぎます。それ以上にオモテ面の制服姿が素敵すぎて、あこがれの片想いの人豊川まどかさんに匹敵するくらい好感度が急上昇です。抱いて寝たいやんか、どうしてくれるんだ(笑)。
20200923
 今回もう一人の主役だった、叡山ケーブルのイメージキャラ「八瀬かえで」さんのほうは、見慣れない方でもあったので何となくスルーしてしまいましたが、手元に来てくれたグッズを眺めて見慣れてくるとだいぶ親近感が湧いてきました。今後機会があったらまずはクリアファイルの購入からファンになっていこうかなと思っています。軽い気持ちで行っただけなのに運賃もグッズ代金もたくさん貢いでしまったし、応援したいキャラも増えてしまったし、京阪グループ許せませんね。ちゃんと責任は取ってもらいますから!
202009235202009236

2019年5月 6日 (月)

岐阜バス「バスフェスタ2019inモレラ岐阜」とキーワードラリー参加の巻(令和の十連休の過ごし方その2)

 10連休の初日4/27(土)に「バスフェスタ2019inモレラ岐阜」というイベントが開催されたので行ってきました。応援中の岐阜バスPRキャラ「あゆか」ちゃん達のグッズなどがあったらいいなあと思っての出撃です。

 モレラ岐阜駐車場の一角にバスが数台来ています。1台は名阪近鉄バスだそうです。筆者にとってのバスは単なる移動手段なので何とも思わないのですが、珍しい車種らしくて熱心に写真撮影しているファンの方が多く見られました。あとは子供連れの方が多かったです。地元に密着しなければやっていけない路線バスとしては「子供を攻める」という戦略は大事だと思いました。

 気になるグッズのほうは特に新作はなく、昨年(平成30年/2018年)9月のイベントで購入済みのクリアファイルと三姉妹のキーホルダーが販売されていた程度です。キーホルダーは筆者が到着した時点で「あゆかちゃん」が売り切れていました。昨年買っておいてよかったです。岐阜バストミカなどには別段興味がなく、他に用はないのでモレラで買い物やゲームセンターに立ち寄ってから撤収しました。

 その岐阜バス、10連休の4/27(土)~5/6(月)に「キーワードラリー」というものを実施していました。ホリデーパス(土日祝日の一日乗り放題券)とセットで専用台紙を購入し、11か所ある施設でキーワードを集めて(全部行かなくても課題達成は可能)提出すると景品がもらえるという内容です。あゆかちゃんが台紙でPRしていたので参加してみましたが、残念ながらきわめて不満の残る企画展開でした。不満を書き連ねるのはあまり好ましくないことですが、我慢ならないので列挙してみます。
20190506
(1)キャンペーン台紙の販売方法
名鉄岐阜駅隣接の岐阜バスターミナルでしか販売されず、おまけにホリデーパスとのセット売りのみという販売方法。驚くことにバスフェスタ会場での販売もありませんでした。「モレラ岐阜がキーワードラリーの対象施設になっている」にもかかわらず、です!機会損失も全く気にせず「興味があるならてめえが買いに来いよ」と言わんばかりの殿様商売ぶりには、ある意味感心しています。

(2)告知が遅すぎ
連休中にホリデーパス使ってあちこち出かけようと考えていた人の中には、事前に購入済みである場合も少なくないはずです。(1)にもつながりますが「もう買っているのに台紙だけ売らないから参加できない」→「こういう企画があるなら一緒に買ったのに!」と考える人もいると思います。

(3)ラリー対象施設
単なる宿泊施設みたいな「長良川スポーツプラザ」が対象施設になっているのはなぜ?隣のメモリアルセンターでは毎年連休中には社会人野球の「ベーブルース杯」が開催されたり、各種スポーツ大会も開催されているから、こちらを対象にしておけばついでに足を延ばしてもらえるのでは?この近辺なら「崇福寺(織田信長の墓所がある寺)」とか「道三塚(斎藤道三の首塚:岐阜市史跡)」という手もあります。チョイスが謎すぎて理解不能です。あとマーサ21のキーワード掲出場所悪すぎ、チラシのラックに入れられても全然分からない。協力する気なしですね。

(4)景品が残念
オリジナルハンドタオルという達成景品、あゆかちゃんのグッズではない「清流ライナー」のイラスト。うれしくなーい!(笑)

(5)岐阜バスの人の認識
結局モレラのイベントから岐阜バスターミナルへ直行し台紙を購入したのですが、その際「今日のイベントで販売して下さればよかったのに」と一言申し述べようとしたところ、対応した社員の方はそもそも「今日イベントが開催されている」ことすらご存じない様子だったので、こんな人たちには何を言っても無駄だと思い黙って帰りました。その程度の認識なのですね。心の底からがっかりしました。

 そんなわけで、元々高いとは言えない筆者の岐阜バスに対するイメージは、このイベントを通じてさらに大きく低下しました。どうせバスは乗らないし今後も期待はしませんが、せっかくのかわいいPRキャラたちが「宝の持ち腐れ」や「掃き溜めに鶴」とはならないよう努力して頂きたいものです。連休中の活動記録記事はもう少し続きます。

2019年5月 5日 (日)

大阪モノレール「豊川まどか」さんの新しいガチャグッズを入手!の巻(令和の十連休の過ごし方その1)

 平成から令和の御代への代がわりに伴い設けられた10連休。「令和の十連休」と勝手に呼称してみましたが、何か「養和の大飢饉」みたいな歴史用語っぽい響きが気に入っています。まあ正直、時給仕事の筆者にとってこれほどの連休は迷惑な話なのですが、せっかくの休みはそれなりに活用しようと前もって計画し、いろいろ活動しました。その内容を順不同に記録しておこうと思います。ちなみに筆者の連休は4/27(土)から5/5(日)です。

 4/30(火)は大阪方面へ出かけてきました。主な目的は筆者片想いの人である大阪モノレールの鉄道むすめ「豊川まどか」さんの新しいグッズ入手です。アクリルスタンド(3種)やアンブレラマーカー(2種)といった、新しいガチャグッズが発売されたと聞きました。そういえば昨年も一昨年も会いに行っているんですよね。3年も続くともはや毎年恒例行事と言ってもよさそうです。七夕かよ。

 この連休に備えて3日間有効の「近鉄週末フリーパス」を準備しておいたのですが、この10連休期間に限って「金土日」「土日月」ではなくても使用可能とされており、4/30からの火水木を指定して購入しました。今回はその1日めを利用し、近鉄名古屋駅→大阪上本町駅→大阪メトロ谷町九丁目駅→大日駅でモノレールに乗り換えという移動手段を取りました。

 新グッズを扱っているグッズ自販機が、大阪空港駅に設置されているそうです。実際行ってみると、万博記念公園前駅のガチャとは違って改札外にあるため、一度駅から出なければならず運賃がかかります。その自販機には側面に豊川まどかさんのイラストがあしらわれており、もうそれだけでうっとりします。豊川まどかさんグッズだけではなく、ちょっと笑えるような他の商品も入っていますが今回はパスです。千円札を投入可能なので百円硬貨を準備しなくても購入できるあたり、地味に助かります。
2019050401
 商品は裸ではなく白い箱に入っています。5回買ったら5種揃うようにはなっておらず、完全にランダムみたいです。そう何度も来られない場所ですのであほほど購入し、どうにか全種コンプできました。万博記念公園前駅のガチャも引いておき、これも合わせて2周目コンプまで至ったので、苦労の甲斐はあったかなと思っています。肝心の商品もいい出来で、家でも眺めてうっとりしています。
2019050402
2019050503
 この後は大阪日本橋まで戻ってアニメ系ショップを物色してみましたが、特に珍しい品物は発見できず空振りに終わりました。京都とは違って大阪は岐阜から結構な距離があり、出動したものの手ぶらで帰るとなればダメージは大きいので、ぶらりと出かけるのは抵抗があります。「確実な用事のついでに立ち寄る」という今のスタイルがちょうどいいのかもしれません。連休中の活動記録記事は続きます。

2019年2月18日 (月)

「鉄道のまち吹田クイズ&スタンプラリー」参加で豊川まどかさんのクリアファイルを入手!等の話題

 2/9(土)から2/24(日)の期間で「鉄道のまち吹田クイズ&スタンプラリー」というイベントが開催されると、日頃チェックしている大阪モノレールのサイトで知りました。筆者片思いの人である豊川まどかさんのクリアファイルが、参加賞としてプレゼントされるそうです。かねてから欲しいグッズだったのでいい機会と思って2/16(土)大阪方面へ出かけてきました。

2019021801_2

 当日は夜勤から戻って一服した後、9時半頃に車で出撃し14時頃にまず京都へ到着しました。例の「上七軒歌舞練場」のコラボポスターを入手(この件は後日別記事にて)してから、「阪急阪神1dayパス(1,200円)」を使い、阪急京都線を使って17時頃に大阪入りです。参加賞ゲットの条件であるスタンプラリーの指定7駅のうち3駅を、どのように廻るかかなり考えましたが、

 

1)まず台紙を大阪モノレールの万博記念公園駅でもらいスタンプも押す

2)そのままモノレールに乗り、大阪モノレールの蛍池駅でスタンプを押す

3)モノレールの山田駅へ戻り、阪急の山田駅でスタンプを押す

4)万博記念公園駅へ戻り、下車してゴールのららぽーとへ向かう

 

という手順を取りました。(1)から(3)にかけては「山田→万博記念公園→蛍池→山田」と移動したのですが、万博記念公園と蛍池のスタンプは駅構内にあって改札を通らなかったため、PiTaPAだと運賃がかかりませんでした。阪急山田駅の改札はパスで通過したのでこれも追加運賃はかからず、結局「山田→万博記念公園」1往復分(400円)がかかっただけで済みました。不正な乗車はしていないつもりです。

 

 前回のグッズ探訪でも訪れたららぽーとEXPOCITY内にある「Inforestすいた」がゴール地点です。こちらでラリーの台紙を提出し、無事におめあての参加賞をゲットすることができました。19時近くの到着でしたが、この施設は21時まで開いているということでその点は安心でした。豊川まどかさんのクリアファイル、材質がかなり丈夫なもので作られており、結構コストがかかっているように感じられます。これまでヤフオクなどでもちょくちょく見かける品物で、何となく入手しそびれていましたが、こうして直接手間暇かけて入手できたことは意義深いと勝手に思っています。

2019021802_2

 かなり夜も遅いのですが、せっかく来た遠方です。次いつ来られるかも分からないので少しだけ見るべき所は見回っておこうと「GUNDAM SQUARE」に立ち寄りました。見つけたのが「赤い彗星ラーメン丼」。2,376円というのはちょっと高いような気がしますが、考えてみると「赤色の食器」なんて持っていないから珍しい。筆者は最近東洋水産(マルちゃん)の袋入り天ぷらそばにハマッているので、このどんぶりで食べればきっと三倍おいしいだろうとお土産として購入しました。

2019021803_2

 万博記念公園駅に併設のセブンイレブンも念のためチェックしておくと、大阪モノレールグッズがどうも常設で販売されるようになったみたいです。既に所有済みではあるものの、何度見てもかわいい豊川まどかさん仕様のパスケースと、初めて見かけるトートバッグを我慢できず購入です。あとは駅構内にあるカンバッジのガチャを1回廻して撤収しました。

2019021804_2

 京都へ戻ってきたのが23時過ぎです。金曜日の19時頃からここまで、電車の中でうたた寝した程度で全然寝ていないのでさすがに全身くたくたとなりましたが、あこがれの人のグッズが思った通り入手できてそんな疲れも報われた感じです。豊川まどかさんグッズといえば、今年(平成31年)は「万博鉄道まつり」は開催されるのか、今のところ特に告知もなくて気をもんでいる筆者です。

2018年9月11日 (火)

「公共交通フェスタ」と岐阜バスの萌えキャラ

 岐阜市近郊を走っている路線バス「岐阜バス」。ここには「あゆか」ちゃんというかなりかわいいPRキャラがいます。「イラストはかわいいのに、着ぐるみがめっちゃ怖い」と話題になったことがあるので、その筋の人にはよく知られた存在かもしれません。公共交通にとって厳しい環境の岐阜市にあって、例に違わず「遅くて高くて時間通り来ない」という三拍子揃ったバスなど筆者は利用しませんが、かわいいキャラなら話は別で、グッズ購入などという形で応援も可能です。しかしバスターミナルや旅行センターでグッズ販売などは一切されておらず、以前から不満を感じていました。

 

 9/8(土)と9/9(日)に岐阜市内の柳ヶ瀬で「公共交通フェスタ」という催しがあり、岐阜バスもブースを設けてグッズを販売すると聞いたので9/8(土)に出かけてきました。かわいいクリアファイルとキーホルダーがあったので、念願かなってようやく購入です。リツイートキャンペーンによる特製トートバッグや、ペーパークラフトという商品もゲットしておきました。このトートバッグ、以前旅行センターの社員さんに「ツアーの参加者にトートバッグを配ったことがある」という話をちらっと聞いたことがあり、それと同じ物かもしれません。せっかくなので怖いと評判の着ぐるみにも会ってみたかったのですが、天気がそれほどよくなかったのと疲労もあって、わざわざ探したりはせず催しからも早々に撤退です。

201809111

 キャラクターとしては、運転手の「あゆか」ちゃんとバスガイドの「あゆり」ちゃん、事務員?の「あゆな」ちゃんの3姉妹なんだそうです。あゆかちゃんは「ホリデーパス(土日祝日限定の一日乗車券)」のチラシで一番よく見かける彼女で、あゆりちゃんは岐阜バスツアーのチラシで端っこによく載っています。あゆなちゃんはそんなに見かけませんねえ。みんな岐阜のキャラらしくない(笑)かわいさです。

201809112

 そんなわけで、以前から気になっていて気に入った存在でもあった岐阜バスの萌えキャラについて、念願かなって関連グッズを入手することができました。「やくならマグカップも」が筆者いちおしの地元キャラなのは依然として変わりありませんが、出身地岐阜市ゆかりのかわいいキャラなので、今後もぜひ応援したいし推していきたいところです。岐阜バスももっとアピールすればいいのになあ。すごくもったいないような気がします。

201809113

2018年8月20日 (月)

平成最後の夏休みの過ごし方

 今年(平成30年)の筆者の夏休みは、8/11(土)から8/19(日)までです。当初は伊勢志摩方面を廻ろうかと考えていましたが、予定を変更し極力地元でおとなしくしていることにしました。8/14(火)の一日だけ京都へ出かけ、気になる所用を全部済ませてきました。以下はその記録です。

 

1)京都で献血「ケンケツノススメ京都」

 京都府赤十字血液センターとアニメ「ヤマノススメ」がコラボして、特製アクリルキーホルダーがプレゼントされるという企画が実施されています。9月の「京まふ」に合わせて再度「響け!ユーフォニアム」とのコラボが実施されるとすれば、今時分に献血しておかないとその頃ちょうど間隔制限に引っかかりそうです。そこで珍しいプレゼントゲットも兼ねて京都で献血しておきました(もう一つ用事があったのだがそれは内緒)。

 

 無料ドリンクの種類が充実していて、今の時期はアイスクリームも食べられる四条の献血ルームが筆者のお気に入りです。今回は「献血終盤に口がピリピリするなどの症状を防ぐ」という理由で、さらにヨーグルト風味の紙パック飲料の配布があり、その上にコラボキーホルダーのプレゼントまで頂けて満足でした。筆者が献血をするのは100%私利私欲のためなので、もらえる物はひとつでも多いほうがよいのです。

20180819

(2)「地下鉄に乗るっ」関連

 京都市消防局公式キャラの北山駆隊員イラストのトラフィカ京カードが発売中のようですが、特に告知はなく自動券売機のみでの販売(手売りがない)と聞いていました。烏丸御池駅で販売されているのを発見し無事購入です。京都駅と四条駅では見当たりませんでした。

 

 郵便局で「かもめ~る」を購入すると、太秦麗姉さんのクリアファイルプレゼントへの応募券がもらえるという企画もあり、京都文博近くの郵便局で適当に購入して無事ゲットできました。はがき5枚買ったら応募券も5枚です。懸賞応募くらいしか使い道はありませんが、わらしべ長者みたいに大きなリターンを狙いたいところです。

201808192

3)京都文化博物館「信長上洛―京都・織田信長入京から450年―」展

 京都文博では現在「西尾維新大辞展」が開催中ですが、筆者はこちらのほうには知識も興味もありません。それよりも同時に開催されている「信長上洛―京都・織田信長入京から450年―」展のほうが気になっていたのでこちらを観覧してきました。常設展示の入場料500円(地下鉄一日券の提示でここから100円引き)で見ることができます。

201808193

 そんなに大規模でも派手でもなかったのですが、入場料400円なら十分満足できる内容でした。昨年(平成29年)は織田信長が美濃を攻略し当地を「岐阜」と名付けて450年でしたが、美濃攻略の翌年に早くも上洛を果たしているあたり、他の戦国大名とは異なる信長の「意識の高さ」を読み取ることができます。

 

4)その他

 がらくたショップ数軒に立ち寄ってゲットできた戦利品たちです。集まった物たちを片づけるために外出を控えるはずだったのにまた増やしてしまった。でもかわいいし!

201808194

2018年6月11日 (月)

近江鉄道のイベント「ガチャコンまつり2018」訪問の巻

 6/10(日)彦根で開催された近江鉄道開業120周年記念イベントの「ガチャコンまつり2018」に出かけてきました。鉄道系のイベントは基本的に興味がない筆者ですが、優先度が低いもののこっそり応援している「北神弓子」さんの北神急行電鉄と、以前の「万博鉄道まつり」でちょっと気に入っている「水間みつま」ちゃんの水間鉄道が、岐阜に近い場所まで物販にやってくるという機会は見逃せないと思っての訪問です。ですからこの手のイベントは「万博記念まつり」を除いては初参加になります。

201806111

 10時開場ですが開場前の行列に並ぶほどでもないので、余裕を持って出発します。8時に出発し会場の彦根駅周辺に到着したのが940分頃です。既に会場周辺はかなりの待機列ができていましたが、駅前ロータリーのバス停ベンチに座って遠巻きに様子をうかがっていると、行列は1020分頃に概ね解消しその後に入場しました。入場は無料です。鉄道の軌道敷内に足を踏み入れたのも今回初めてのことでしたが、ごつごつ尖った粗い敷石は大変歩きにくいところでした。用事がなければあまり立ち入りたくない場所です。

 

 北神急行電鉄のグッズは、狙っていた新発売の「駅メモ!」仕様おでかけ1DAYフリーパスが販売されていて無事入手です。わざわざ神戸まで行くことなく入手できたのは大きな収穫で、それだけでも来た甲斐がありました。その他「水間鉄道」「弘南鉄道」「嵯峨野観光鉄道」と近江鉄道のグッズを適当に購入して、キャラコラボのクリアファイルも入手完了でき、今回の目的はすべて達成したので11時半頃撤収しました。

201806112

 会場には毎日放送のクルーが来ていて、熱心に取材や撮影を行っていました。前科者の筆者は撮影されると困るので映らないよう避けるのが大変でした。会場に停められていた鉄道車両を撮影しているファンの方々も多く、邪魔しないよう気にするのもそこそこ面倒です。やっぱり鉄道ファンが集うイベントは筆者とはあまり相性がよろしくないような気がします。また彦根城には2回行ったことがありますが、彦根市中心部に自分の意思で来たのは今回が初めてでした。コインパーキングがあちこちにあって料金設定も安く、混雑もしていなかったので意外に車で行きやすい場所だと感じました。ぜひ一度ゆっくり史跡巡りなどしてみたいところです。

2018年5月15日 (火)

平成30年のゴールデンウィークのすごし方その3(萌え萌え活動等のこまごまとした記録)

4/29(日)古田織部美術館の後>

 古田織部美術館の後は嵐山方面へ足を伸ばしてみました。嵯峨野トロッコ鉄道の「鉄道むすめ」嵯峨ほづきさんが登場して2周年という記念グッズがトロッコ嵯峨駅で販売されていたので、あまり興味はないもののプリントクッキーとカンバッジを購入しておきました。

201805151_2

 また外国人向け観光ガイドAIらしき「藤崎エマ」さんの等身大ポップや、賀茂川先生がイラストを担当されることとなる「駅ナカで会いましょうプロジェクト」の応援キャライメージ募集など、今後も見逃せないものがたくさんあって困ります。しかし嵐山の観光客の多さは異常ですね。これだけ混んでいると正直あんまり行きたくない気分です。

201805152

 市内では新しい「地下鉄に乗るっ」関連のチラシも発見して無事回収です。「京都トレイル」のものはウラ面一番下のコメントが以前から変更になっています。あとは「鳥羽の藤・蹴上のつつじ」をPRする萌ちゃんのチラシを琵琶湖疏水記念館で入手しました。この場所は例年スタンプラリー会場となっているので、ここに来れば必ず入手できることを戦訓として学びました。

201805153

5/5(土)大阪方面へのお出かけ>

 5/5(土)は大阪方面へ出かけてきました。主な目的は大阪モノレールの「鉄道むすめ」で筆者が片想いしている「豊川まどか」さんにお会いするためです。3月末に万博記念公園で開催されていた「万博鉄道まつり2018」では彼女のグッズが販売されていたようですが、疲労が激しくて全く早起きができず、むざむざ買い逃してしまいました。現地に行けばもしかしたらワンチャンスがあるかも?と少しだけ期待しての出撃です。

 

 例によって京都まで車で、京都からはあらかじめ購入しておいた「いい古都チケット」なる阪急全線と京都市営地下鉄が一日乗り放題の切符を使い、阪急京都線で大阪梅田まで、そこから乗り換えて大阪モノレールの万博記念公園前駅へ向かいました。当日はカレー料理のフェスティバルみたいな催事があって、臨時列車が運行するほどのすさまじい混雑でした。筆者も食べていこうかと一瞬思いましたが、言うても所詮はカレーやし行列してまで食いたくないと考え直してスルーです。

201805154

 駅では残念ながらまどかさんの新グッズ類は見当たりませんでした。昨年は駅外のセブンイレブンで販売されていたまどかさん仕様のnanacoカードも、既に品切れとなってしまったようです。駅そばの「ららぽーとEXPOCITY」というショッピングモール内で「大阪モノレールフェア2018」なる催しがあるとのことで、立ち寄ってみましたが大した規模ではありませんでした。既に所有済みではあるものの、iPhone用カバーが販売されていたのを1個購入して退却となりました。レシートの「豊川」という呼び捨てが何だか笑えます。ほとんど成果がなかったのは残念ですが、来年の「万博鉄道まつり」には必ず参戦して限定グッズをゲットしようと堅く誓ったのでした。

201805155

 その「ららぽーとEXPOCITY」前には「ガンダムスクウェア(GUNDAM SQUARE)」という、ガンダムカフェとグッズの店舗がありました。初めて見る施設です。欲しくなるような品物は特にありませんでしたが、せっかく来た珍しい場所の記念として無難な特製カレーをお土産に買って撤収です。

201805156

5/5(土)大阪から戻っての京都にて>

 以前一度だけ行ったことのある「京都大神宮」。すっごくかわいい巫女さんのイラストがポスターになっていたり、ブロマイドやらポストカードやらのグッズも制作されています。最近新しいグッズが発売されているようなので久々に参拝がてらいくつか購入です。この巫女さんグッズも集め尽くしたくなりました。とりあえず今後京都へ行った際にはできるだけ毎回こちらへ参拝する習慣を付けたいと思います。あとはアニメイトへ立ち寄ったら新しい「マギアレコード」のかわいいグッズが発売されており、またもやお札に羽が生えて飛んで行ってしまいました。

201805157

<まとめ>

 この連休中には、家を埋め尽くすグッズ類を多少でも片づけようと思っていたはずなのに、逆にたんまり増加してしまったという結果に終わりました。まあ楽しかったししょうがないですね。5月はまたこれから死ぬほど忙しくなるから、その結果も踏まえて6月以降に整理整頓に努めることとします。

2017年10月18日 (水)

平成29年8月の萌え萌え活動記録②第1回全国エンタメまつり(ぜんため)

 8/5(土)と8/6(日)は、岐阜市内で「全国エンタメまつり(ぜんため)」というイベントが開催されていました。今回が初開催となるこのイベント、ゲーム会社がいくつか集まって何やら催すという内容のようです。筆者はここ数年家庭用ゲームとはすっかりご無沙汰で、それほど興味深い内容ではありませんでしたが、岐阜市でこういう系のイベントが開催されること自体がきわめて珍しいことなので、とりあえず見学してきました。東京から帰ってきた後の8/6(日)のことです。

201710181

 聖地巡礼支援アプリ「舞台めぐり」もコラボして、岐阜市街のあらゆるところにチェックインやらQRコードが設けられていましたが、やる気をなくすくらい数が多すぎです。柳ケ瀬商店街にゲームメーカーの出展ブースが点在していて、ゲームの試遊やグッズ物販、痛車の展示などがありましたが、やはり筆者の守備範囲ではなく興味をそそられなかったので、多少パンフを回収した程度で退散しました。客足としては見る限り女性の姿がまずまず見られました。「うたプリ」の催しが目当てだったようですが興味がないのでよく分かりません。

201710182

 帰ろうと思って歩いていると、会場から少し離れた金公園でも何かイベントが開催されていました。食べ物の屋台がたくさん出ているところに萌えキャラ発見です。岐阜の白川茶をアピールするために生まれた萌えキャラのようで、お茶の精霊という設定らしいです。お店の人は結構思い入れがあるみたいでなかなか熱く語って下さいましたので、その想いに応えようと少し買い物して帰りました。萌えキャラとしてはかなりベタな感じではありますが、そこが逆に素朴で嫌味を感じません。しかしこちらのイベントは「ぜんため」と全く連動しておらず、お互いが「向こうの方で何かやっている」程度の認識しかしていませんでした。もっと上手に運営すればいいのに…何かとてももったいない感じです。

201710183

 このイベントを後援していた十六銀行は、今年から突然アニメのCMを放映しはじめました。しかし萌えキャラというわけではなく、男性新入社員の「鵜飼匠」と女性上司の「伊藤鮎美」というとても真面目な設定です。今回のイベントでもこいつらが登場していましたが、今の所魅かれる部分が何もないんですよね。ライバル大垣共立銀行の自由奔放さと比べて、十六銀行は何をやってもお堅いというイメージがあるんですが、こういう面においてもその癖は抜けないようです。

201710184

 そんなわけで元々大した期待はしていませんでしたが、予測通りの何とも締まらない内容だと感じました。ほうぼうに立っている運営ボランティアらしき若者たちも動きが緩慢です。まあ初回ですからこんなものかもしれませんが、来年以降も続けて開催するつもりなら、いろんな場面においてもっと気合いを見せなければ成功はおぼつかないでしょう。次回に期待です。

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31