フォト

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

カテゴリー「ときめきメモリアル収蔵品ポータル」の34件の記事

2019年10月25日 (金)

ときめきメモリアル収蔵品33:「INDOR×ときめきメモリアルLimited Shop in アニメイト」での購入グッズ記録

 筆者が「こういう道」に足を踏み込むきっかけとなった「ときめきメモリアル(初代)」。ゲーム本編は長く遊んでいないし、収集を志している各種グッズ類も最近はほとんど補完の機会はありませんが、その思いは決して失っていないつもりです。今後どれくらい生きられるのか分かりませんが、一生をかけてロングレンジで集めていきます。今回久しぶりに「ときめきメモリアル」の新作グッズがまとまって発売されたので、こちらも久しぶりに「収蔵品」というカテゴリで記事を作りました。

 東京秋葉原で展開しているらしい「株式会社インドア」という会社が、本年(令和元年/2019年)7月に「ときめきメモリアル」のグッズを販売していましたが、大阪日本橋のアニメイトでもこの物販を展開すると聞きました。秋葉原での展開時には、師匠にお願いして最低限のクリアファイルと藤崎詩織テレカを押さえて頂いてあり、その他の品物や追加発売された品物は、通販があれば買うつもりでいましたが、東京ではなく大阪なら何とか抵抗なく出かけられる場所です。直接確認して判断できるよい機会と考え、10/13(日)に行ってきました。
2019102501
今回購入したのは
・「虹野沙希 虹色の青春セット」(5,000円)
トートバッグ・クッション(両面印刷)・テレホンカード・タオルの4点セット
2019102503
・「詩織の塩」(900円)
しっかりしたガラス瓶に入っています。小型アクリルスタンドはキャップに両面テープで接着されているだけで簡単に外せます。ラベルはシールで、はがすのは難しくありませんでした。一般的な塩より塩味が強いような気がします。

・「パブミラーマグネット」(600円)
全12種ですがブラインド仕様でバラ売りのみです。1個だけ購入したら鏡さんでした

・「ゆらゆらロゴ アクリルキーホルダー」(1,000円)
2019102502
・「ウォールポケット」(3,500円)
2019102504
の5点です。すべてアニメイトポイントの対象となってお得でした。アクリルスタンド(1,200円)が初代と「2」のキャラ全員分、その他タペストリーやTシャツもありましたが、使い廻しのイラストで高額なこともあり、そこまではついていけませんでした。昔の筆者なら気にせずすべて購入していたのでしょうが、今は資源を注ぎ込みたい対象が他にあるので、これは仕方のないことです。

 この「インドア」という会社の活動内容を少し調べてみましたが、アニメ・ゲーム系のコラボ商品を企画販売しているものの、昔はやったコンテンツを使って小ヒットを重ねる方針がメインみたいです。「新しい商品が発売されることだけで喜ぶ」というファンを狙う戦略は、とりあえず巧妙ではあります。ただし「ときめきメモリアル」に関しては、全盛期からずい分年月を経て、他のコンテンツでも揉まれてきた眼の肥えたファンも多いわけで、満足とは言い難い部分が多いというのが率直な感想です。また10/26(土)から名古屋のアニメイトでもこの物販を展開するそうですが、直前の10/24(木)に発表するという「気の利かなさ」といい、まあその程度の会社なのかと理解できました。

 さて今回は京阪電車の中書島駅近くで料金の安い駐車場を探しておき、ここまで車で到達してから「京都・OsakaMetro1日フリーチケット(1,600円)」を利用しての大阪行きです。京阪電車ほぼ全線と大阪の地下鉄全線が一日乗り放題という、なかなか使い勝手のよい切符でした。神戸まで行きたいなら阪急の1Dayパス、大阪を念入りに廻りたいなら京阪と今後使い分けて、大阪にも時々出かけようと思いました。片道4時間くらいかけて京都まで車で行くことに抵抗がなくなっていることが怖い。

2016年5月 1日 (日)

ときめきメモリアル収蔵品32:チルコポルト茶屋町店開店告知A4判のチラシ

 前回記録対象とした「チルコポルト茶屋町店開店告知B1判ポスター」と同じイラストを使用したA4サイズのチラシです。平成14年(2002年)120日に筆者が直接この店舗へ遊びに行った際、店頭に置いてあった物を数枚持ち帰ったという記憶です。この店舗の開店は平成9年(1997年)なので、5年後にも店頭にあったというのは考えづらい状況ですが、筆者はこの日以外にこの店舗には行ったことがないはずのでこれは間違いないはずです。そんなわけで元手は0円というわけですが、今となってはお金を積んでも入手は困難な珍しいものだと思います。ちなみに片面刷りでウラは白紙です。

20160501

 当日はこのチラシ以外にもいくつかチラシ類を入手して持ち帰っていますが、日記には「この程度の収穫では物足りない」などと書かれています。昔も今も欲張りなのは変わりありません。この時は、業務請負会社を通じて勤務していた工場が海外移転するということで、会社都合による解雇になってすぐ失業給付が受けられた「優雅な失業者」生活を送っていました。確か近鉄電車に3日間乗り放題という切符を購入し、奈良の東大寺や春日大社なども含めて関西各地をぶらぶらしていたことが思い出されます。筆者はもともと関西に縁があるせいか昔から意識が西寄りです。これからもいろいろ知りたいと思います。

2016年4月15日 (金)

ときめきメモリアル収蔵品31:チルコポルト茶屋町店開店告知B1判ポスター

 今回は、かつて大阪市北区にあったコナミ直営ゲームセンター「チルコポルト茶屋町店」の開店を告知するB1判のポスターを記録です。もちろん貼ってあるのを盗んできたわけではなく、平成12年(2000年)416日に名古屋で開催された「宝島フリーマーケット」で購入したものです。価格は同じもの2枚セットで1,200円でした。この品物もこの時以外に見かけたことは一度もなく、価格も合わせてかなりよい買い物だったと思います。

20160415b1

 この「宝島フリーマーケット」という催し物、かつては毎年夏休みと冬休みに名古屋港金城埠頭の「ポートメッセなごや」で開催されていましたが、いつのまにか開催されなくなってしまいました。結構掘り出し物を入手する機会が多かっただけに残念です。この品物を出品していたブースの方は関西方面からご参加されていた方のようで、これ以外にも結構珍しいコナミ系の品物を毎回出品なさっており、かなりお世話になりました。しまいにはお互いに顔を見知った状況になったので、筆者のことを「ときめきのお兄さん」と呼んで頂けたことが思い出されます。関係者に近い立場の方だったのしょうか?今も元気でいて下さることを祈るばかりです。

 

 このポスター、筆者の手元にまだ1枚余分があります。筆者が所有していない物との交換なら承りますのでもし気になる方はご一報下さい。「地下鉄に乗るっ」や「やくならマグカップも」のポスター等でも構わないですよん。

2015年8月22日 (土)

ときめきメモリアル収蔵品30:平成8年(1996年)コナミ株式会社暑中見舞いハガキ

201508228_2今回の記録対象は、夏っぽくて扱いやすいものを適当に選んでみました。コナミ社が平成8年(1996年)の夏に取引先等へ送付したと思しき暑中見舞いハガキです。これは書籍「ときめきメモリアルスーパーコレクション」の73ページに記載があり、現物欲しいなあと思っていたところ、平成12年(2000年)2月ごろにオークションで出品されていたものを3,300円くらいで落札し入手できました。少々ダメージがありましたが、宛名が記載されておらず未使用品であったようです。

 

縁台でかき氷を食べている古式と藤崎のイラストというのは、なかなか珍しい取り合わせですし筆者の知る限りではこのハガキ以外では見たことがありません。品物の由来も含めていろんな意味で貴重なものだと思います。また筆者は後にも先にも同じ品物を見かけたことがないので、少ない好機をものにできたと自画自賛してもよさそうです。この品物に関するエピソードは特にないので、これ以上に話は膨らみませんが、数あるグッズの中では結構気に入っている品物のひとつです。ポストカードを収納しているバインダーの中では、年賀状とともに最初のページに誇らしげに収まっています。

2015年7月26日 (日)

ときめきメモリアル収蔵品番外編:(CM676~679)ペーパームーン岐阜店こなみるくOPEN記念テレカ4種

筆者が収集しているときめきメモリアルのグッズは基本的に「初代」のみですが、ポストカードや一部のポスター等「2」のものも少しですが所有しています。今回は番外編と称してその中の一部を記録対象としてみました。

 

20150726本件はかつて岐阜市内に存在していた「こなみるくペーパームーン岐阜店」の開店を記念し限定発売された「2」のテレカです。全4種が平成13年(2001年)519日に発売されたもので、どれも定価は1,500円でした。実写の画像にイラストを重ねているというデザインは他の地方こなみるく限定テレカでもよく用いられた方式です。「2」のゲームそのものには全然思い入れがなかったものの、地元岐阜が素材に用いられているものなら話は別で、当時のこなみるくポイントを貯蓄する目的もあり何度か購入しました。

 

その「ペーパームーン」、岐阜市に本店があるという非常に珍しいアニメショップの老舗で、以前は名古屋市天白区にも支店とこなみるくコーナーがあり、ときめきグッズ全盛期には週一ペースで通ったものです。テレカの素材となった店がずい分前に移転してからはすっかりご無沙汰でしたが、先日岐阜市内に用事があったついでで久々に店頭をのぞいてみたところ、何と破産宣告の紙が貼ってありました。岐阜駅前にアニメイトができたり、そもそもJRで30分弱で名古屋へ行けてしまう立地条件の中で苦労されているだろうとは思っていましたが、筆者にとって一時代のシンボルが消えてしまった感があります。そんな深い感慨にとらわれたので、今回は番外編としてあえて取り上げてみた次第です。

 

20150726_2そういえば、本テレカ発売前にはお店のほうから告知のパンフレットが郵送されてきました。これは店頭などでは見られず、ネット等で公開されていたわけでもなさそうなので、そこそこ珍しいものだと思います。筆者はいいお得意さんだと思われていたみたいです。正式決定前のフライング気味な告知なので本来はあまり公表しないほうがいいものかもしれませんが、発売店もこなみるくもなくなってしまったし、まあいいですよね。

2015年6月28日 (日)

ときめきメモリアル収蔵品29:パチスロときめきメモリアルの販促資料一式

 前回収蔵品「28」にて紹介した「パチスロときめきメモリアル」の、パチンコ屋向け販促資料のようです。プレイ映像が収められたDVDと、パワーポイントで作成したかのような商品紹介資料です。印刷物のほうはカラーレーザープリンターで印刷したような簡便な資料となっています。DVD・印刷資料ともに、紹介されている内容は同じようなものです。筆者はパチスロやパチンコは一切やらないため、この世界独特の用語や言い回しがよく分からないので、何を言っているのかあまり理解できません。

20150628

 

この品物は平成21年(2009年)9月ごろにオークションで入手しました。確かセットで5,000円くらいだったと思います。安い買い物ではなかったのですが、実機での遊戯につぎ込むよりはよほど安いだろうと割り切っての入札です。DVDでの映像紹介では、キャラは限定されているものの初代ときめきメモリアルの女の子たちがスムーズにアニメーションしているのを見られるのはまずまず価値があると思います。

 

 「ときめきメモリアルがパチスロになった!一丁遊んでみるか」という人の皮算用をそれなりに見込んだからこその企画だったのでしょうが、筆者としては思い入れの深いものをギャンブルの素材に使われたのが不満かつ不快でした。きっといろんな人々の思惑を粉砕する結果になったと思われますが、そんなものには何の興味もないし、正直この話題はあまり膨らませたくないと思っています。ただし従前のイベント類も新たなアニメーションに描き起こしているみたいですから、例えばスマホアプリで発売して、プレイごとにアルバムが埋まっていくような仕様だったら筆者なら購入したいです。プロデューサーをタコ部屋に軟禁するよりは販促活動でもさせれば多少の利益にはつながるんではないでしょうかね?

2015年5月10日 (日)

ときめきメモリアル収蔵品28:パチスロときめきメモリアル告知B1判ポスター

 最近「地下鉄に乗るっ」グッズのB1判ポスターをいくつか収納する機会が生じましたので、久々に「ときめきメモリアル」関連のB1判ポスターを見返すことになりました。せっかくなので続けて記録していこうと思います。

20150510

 今回の記録対象は「パチスロときめきメモリアル」の告知B1判ポスターです。平成21年(2009年)12月にオークションで入手しています。価格は3000円でした。現在のところ「ときめきメモリアル(初代)」に関するポスター類では最新かつ最終のものだと思われます。パチスロのイラストを担当したのはこくら雅史氏ではないようですが、このイラストのタッチは嫌いではないので気に入っている品物のひとつです。

 

 調査によると、「パチスロときめきメモリアル」は平成2111月頃に実際稼働しているようです。パチスロ本体そのものも出回りが多かったわけではないようですが、このポスター自体もそれほど見かける機会は少なかったように思います。「ときめきメモリアル15周年」のロゴが付いていますが、15周年の記念がパチスロ化というのはファンとしてはちょっと複雑…というか、率直に言って気分は悪かったです。不本意ながら、このパチスロに関しては他にも関連グッズがあるので引き続き記録していきます。

 

 余談ながら、亡くなった筆者の父は唯一の趣味がパチンコという人でした。エヴァンゲリオンなどのキャラを素材にしたパチンコ類は、何度も遊んでいるうちにいつのまにかストーリーが理解できるなどという話を聞いたことがあります。そこで父に「そんな風に分かりやすく作ってあるものなのか?」と聞いてみたところ、返ってきた答えは「おう、よう分かるぞ。当たったら出る。」確かにこの上もなく分かりやすい。

2015年1月12日 (月)

ときめきメモリアル収蔵品27:ときめきカルタ

 本年(平成27年/2015年)最初の収蔵品記録は、1月という時節に合わせて「ときめきカルタ」を選んでみました。よく考えると正月遊びの定番とされるものは、年中いつでもできそうなものですが、まとまった時間やそれなりの資材が必要となる遊びは、昔は正月ぐらいしかできなかったのかもしれません。

201501121 今回記録の「ときめきカルタ」は、平成8年(1996年)から翌年にかけて発売されたWindows95対応の「ときめきメモリアルスクリーンセーバー集」14弾に付属していた応募シールを揃えて応募することにより、3000名程度にプレゼントされたものと記憶しています。応募キットは第4弾ソフト「どきどきびっくり箱」に封入されており、返信用住所を記入するシールまで入っていたので、ほとんど全プレのノリだったようです。同封されていた文書は平成9年(1997年1226日付の発信となっており、同年年末に届いたものと思われます。

 カルタというと百人一首のようなものを想像しますが、カードサイズは幅410×高さ520mmで、材質もボール紙製です。大きさが比較できるよう、画像ではたまたま家にあった花札(任天堂製の「大統領」)と並べてみました。ちゃちなものではあるものの、カルタの内容は結構面白くてよくできていると思います。せっかくなので読み札を全部掲載しておきます(カルタは全文ひらがなの為、適宜変換しました)。201501122



(あ)「あい」じゃないです「めぐみ」です

(い)伊集院家に不可能なし

(う)うわさをすれば爆弾

(え)映画で感動 涙がぽろり

(お)おとうさま~は強い味方

(か)神様 私に勇気を下さい

(き)今日も元気にサクっといこう

(く)クリスマス 君のドレスは素敵だね

(け)研究 研究 また研究

(こ)この子どこの子 迷子の子

(さ)支えてあげたい か弱いあの子

(し)庶民庶民 所詮は庶民の遠吠えだ

(す)すみません あ あの すみません

(せ)せっかくの デート行けずに補習かな

(そ)そばかすの あの子気になるプロローグ

(た)誕生日 うれしいあの子のプレゼント

(ち)彫刻展 ここぞパワーの見せ所

(つ)追跡中 こないだ見つけた男の子

(て)手作り弁当に舌つづみ

(と)隣りのあの子は幼なじみ

(な)何ゆえに 優美のサイズを知っている

(に)握ったら 死ぬまでマイク離さない

(ぬ)ヌードデッサン 男のロマン

(ね)ねぇ~ん どっか連れてってぇ~ん

(の)のぞいてびっくりアニキ風呂

(は)初めて会ったその日から ずっとあなたを見つめてた

(ひ)人違い 本当はあなたを待っていた

(ふ)不動明王唐竹割り 見たか俺の新技を

(へ)下手なりに一生懸命作ってきたの 先輩食べてくれるかな?

(ほ)星よりもかわいい寝顔に思わず見とれる

(ま)また私のとりこがひとり

(み)水しぶき 濡れたあの子に思わずどっきり

(む)無理がたたってノイローゼ

(め)メグと私は仲良しこよし

(も)門番の 男を見る眼に怪しい光

(や)やきもちじゃないもん!愛だもん!

(ゆ)雪の日は 私と一緒に雪合戦

(よ)呼び出され 伝説の樹の下であの子の告白

(ら)雷鳴に驚くあの子もやっぱり女の子

(り)理想のハードル越えるため 己を磨く三年間

(る)ルックスよね 何はともあれルックスよね

(れ)レイはあなたに恋してる 嫌味は恋の隠れ蓑

(ろ)ロボ行きなさい

(わ)私の誕生日は覚えてる?
 

 ときめきメモリアル本編は久しくプレイしていませんが、この読み札を見てみると久々にプレイしたくなってきました。懐かしいですね。

2014年10月 9日 (木)

ときめきメモリアル収蔵品26: (CK071)ときめきランチセットのランチョンマット全4種類

 本ブログ内に設けたときめきメモリアル収蔵品の「衣料品以外の布でできたもの」というカテゴリ名は、一見とぼけた感じがしますが、考えた筆者自身はいたって真剣です。該当するものはあれこれあるので、何から記録しようか悩んでいましたが、久々に見返したくなった品物があったので取り上げてみました。

20141009

 今回の記録対象は、プライズ品の「ときめきランチセット(CK071)」の中にあるランチョンマット4種類です。調査によると平成9年(1997年)9月に稼働したもののようです。天使バージョンのイラストを大きくあしらった本品はとてもかわいらしいもので、景品もかなり取りやすい形状をしていたため、当時ずい分狙ってたくさんゲットした覚えがあります。

 現物は50cm×50cmという大きなサイズです。いわゆるナプキンというのか、布地もかなりしっかりしています。職場に弁当を持参する習慣があった時には、これで包んで持ち運んでいました。また色合いが派手で遠目にも目立つので、旅行時のかばんや土産袋にしばっておくと目印になり、バスの荷台でもすぐ見つけられます。プライズ品の中では最も役に立っている品物のひとつと言ってよさそうです。

 今回改めて見てみますと、何とも笑顔がかわいくて実にいいものです。ちょいと疲れたぞコラとか、体がもう一つか1日が36時間ないとそんな業務できませんとかいう時には、こういうものを見返してみると少しは元気が出るかもしれません。「収蔵品23」で記録した布をオモテ地、今回の4種をウラ地に使ったかばんを作ってもらうのが今後の目標です。

2014年8月27日 (水)

ときめきメモリアル収蔵品25:「コナミのお店で待ってるね。」直営店用A2判ポスター2種

 かつてコナミ社が直営の店舗やゲームセンターを大きく展開していた際、その告知や販促用として使用されていたらしいA2判のポスター2種です。この品物は収集活動の過程で期せずしてたくさん集まってきたので、現在は相当数を所有していますが、最初は平成12年(2000年)3月頃にオークションで入手しました。他のポスターおまけも多数セットで落札価格は1,600円だったので、当時としては上手な買い物の部類だったと思います。

20140827

 平成11年(1999年)8月に、ときめきメモリアル5周年記念イベントに合わせて上京した際、その時埼玉に住んでいた師匠格の人物に「チルコポルト上尾」へ連れて行ってもらった時、店舗の壁面全体がこのポスター(藤崎+片桐の黒いほう)で埋め尽くされていたのを見た記憶があります。ですからおそらくその頃出現した品物なのだと思われます。出回り状況はよく分かりませんが、いずれにせよ当時の岐阜の田舎ではお目にかかることすら困難な代物です。浴衣のイラストはいろんな品物で何度も使用されていますが、コナミ社の中でも人気が高かったのでしょうか?筆者も好きなイラストのひとつです。

 ちなみに上記の師匠格という人物は、筆者がこの世界に踏み込んだ当初に地元で遭遇し、声をかけてもらったのが縁で交流していた人物でした。いろいろ教えてもらいましたが義理を欠く行動が多く、現在は絶縁しています。亡くなった師匠やその他の方々にも不義理を働いていたと後日聞き、心の底からあきれ果て軽蔑しているところです。こうして受けた恨みをいつまでも忘れない筆者など小人にすぎませんが、不義理な行いもやはり小人です。「こうなってはいけない」という全く反面教師的な意味で、未だこの人物は師匠格とも言えます。今回の品物とは全く関係ない話ですが、たまたま思い出したので個人的な恨みを発散したくて記録してみました。たかぶった気持ちはコレクションをうっとりと眺めて落ち着かせるのが作法です。

より以前の記事一覧

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31